ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

御祖祭(みおやまつり)

9日の土曜日、当会恒例事業の1つ「御祖祭」を斎行致しました。

福井刑務所に収容されている方々に、故郷の鎮守さまと心を通じ合うことによって、自己の行いに反省され、清らかな心で出所して頂きたいという思いから斎行している御祭です。

なんと昭和33年から続けられていて、来年50周年を迎えます。
先輩方がこの祭礼をはじめられた『志』を、しっかりと引き継いでいます。

本日は、その折の会長の挨拶を添付させて頂きます。
我々の思いが凝縮されています(^.^)

【渉外広報委員長 宮川】



(以下 挨拶)
初めまして私、福井県神道青年会 会長の榊原と申します。
この神道青年会という組織ですが福井県内の神社に奉仕する45歳以下の神主で構成されている団体です。
当会では昭和25年に創立してより日本人の優れた精神文化を継承することを目的として様々な事業を展開してまいりました。その中の一つとして本日行われました御祖祭がございます。

この御祖祭も昭和33年から連綿と続く当会におきましても大変重要な事業として位置づけされております。

この御祖祭の神事の内容で御座いますが入所されている皆様それぞれの故郷の神様、縁の深い地域の神様達をこの講堂に暫しお招きして、皆さんの身の上を深く案じておられる親御さん方、愛する奥さんやお子さんたちと神様を通じて心と心を結んでいただきたい。

なつかしい親御さんが待つ故郷への想い、愛してやまない奥さんやお子さん方の想いに馳せていただき1日も速やかにお勤め終えて無事に出所して頂きたいというような事を神様に申し上げております。

日本人は古来から神々をまつり自然に対して畏敬と感謝の気持ちを持ち、祖先を敬いながら生活してきました。今も昔も、自然の恵みと祖先の恩、そして様々な人々との関わりの上に成り立っていることに変わりはありません。心や生命の大切さが問われている現代、節目節目に神々をまつり祖先を敬ってきた伝統・文化を、暮らしの中で少しずつ取り戻していくことは、未来に向けてとても大切なことだと思われます。

どうか皆様には弱き心の隙間を封じて正しき強き心を養っていただきたいと思います。
心にも様々な心がありますが、私たちが特に大事にしている心は感謝の心、思いやりの心です。この二つの心の共通点は、いずれも自分以外に対しての心です。ご家族や自分以外の人々を思う気持ち、小さな喜びにも「ありがとう、お蔭様で」と思う気持ちを大事にして頂きたいと思います。

最後になりますが皆さんが大切に想う方々に「思いやりの心と感謝の心」を持って1日も早く皆さんの笑顔をお見せ出来る日が来る事を心よりお祈りしております。


f0136366_11543842.jpg

[PR]
# by fukuishinsei | 2007-06-11 11:55 | 活動の報告 | Comments(0)

国旗・国歌・祝日 検定

f0136366_11305998.jpg


6月9日、福井市の神明神社で「国旗・国歌・祝日検定」を行いました。この「検定」 は会員の国旗・国歌・祝日に関する知識を深めてもらおうとの思いで当会独自に作成したものです。
参加した20名の会員が検定用紙に向かい、約50問の設問に取り組みました。20分の検定時間終了後にはスライドを使って詳しい解説を加えながら、答え合わせを行いました。

同会では今後この「検定」を一般の方にも実施してもらおうと検定用紙、解答集を県内の神社等に配布する予定です。

また当日は、「神青会に期待することと」というテーマで神明神社の武曽正彦宮司様(当会18代会長)よりご講演いただきました。
今後も歴代の会長さんにお願いして同様の講演会を随時行っていく予定です。


【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
# by fukuishinsei | 2007-06-11 11:04 | 活動の報告 | Comments(0)

f0136366_1255897.jpg


5月22日、新潟県神社庁を会場に、平成19年度第1回北陸神道青年協議会の理事会が開催されました。

新潟県・富山県・石川県、そして福井県の4県の正副会長を中心としたメンバーで構成される会議です。
平成19年度の役員や、予算、そして研修会の企画等が協議されました。

終了後には懇親会も開催されました。
北陸地区は、全国の各地区に比べても親交が厚く、大変仲が良い会だと言われています。
これからも先輩達から引き継がれたこの会、そしてこの会に参加する仲間を大切にしていきたいですね。


【渉外広報委員長 宮川貴文】
[PR]
# by fukuishinsei | 2007-05-25 12:55 | 活動の報告 | Comments(0)

はじめての「昭和の日」

f0136366_13204970.jpg

明日4月29日は「昭和の日」です。
この日は昭和天皇の御誕生日であり、昭和の時代には「天皇誕生日」、昭和天皇が崩御され、年号が平成に改まってからは名称が「みどりの日」となり国民の祝日に加えられました。

しかし「昭和」という激動の時代を顧みるにふさわしい名称をと望む多くの国民の声に応え、平成17年に祝日法が改正され、本年より「昭和の日」が実施されます。

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」これが法に定められた昭和の日の意義です。

御身を顧みず下された終戦の御聖断、戦後の「全国御巡幸」など、昭和天皇のご事績もあわせて語り継がなくてはなりません。

激動の昭和の時代、昭和天皇の御聖徳をいつまでも忘れずに…

明日全国の神社では「昭和祭」が斎行されます。


【渉外広報委員会  宮田京】
[PR]
# by fukuishinsei | 2007-04-28 13:26 | 主張 | Comments(0)

主権回復記念日

f0136366_1849276.jpg

明日4月28日は昭和27年にサンフランシスコ講話条約が発効し、私たちの国が占領政策より開放された歴史的意義のある日です。


昭和天皇は、独立が回復された頃に
「風さゆる み冬は過ぎて 待ちに待ちし 八重桜咲く 春となりけり」
と詠まれました。
本当に待ちに待った独立の回復であったことが解ると思います。


日本人が「平和ボケ」と言われ、久しい月日が経っています。
独立していることが当たり前のように感じている方も多いでしょう。
しかし、この独立国家としての体制を維持するには、大変な苦労と覚悟が必要です。


この独立を回復した記念すべき4月28日。
翌、29日の『昭和の日』とあわせ、高々と国旗を掲げ独立国家である私たちの国の繁栄を祈りましょう!


【渉外広報委員長 宮川】
[PR]
# by fukuishinsei | 2007-04-27 18:49 | 主張 | Comments(0)