ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

さる37()~8()に長崎県佐世保市にあるハウステンボス内JRAゲルックホールにて平成29年度神道青年全国協議会中央研修会が開催され、当会より新田会長以下4名の会員が参加いたしました。

本研修会は「地方創生〜消滅可能性集落と神社の爾今を考へる〜」を主題に、人口減少と少子高齢化社会における神社の護持運営、また氏子をはじめとする地域コミュニティーにおいて神社が地方活性にどう関わっていけばよいのかを学び、考察するものとなりました。

第一講では自由民主党衆議院議員の石破茂先生による「地方創生概観」を拝聴いたしました。

f0136366_11563171.jpg

石破先生は地方創生担当大臣を歴任されるなど少子高齢化、人口減少社会の実状に造詣が深く、人口減を放置し、地方が疲弊した状態で想定される直下型地震などで首都が大打撃をうければ日本は壊滅的な事態になってしまうと警告され、その打開策として、地方の伝統文化、技術、農林水産物に高価な付加価値を付け国内外で流通させることにより経済的に活性化させることを提唱されました。

第二講では「集落と神社の今後の可能性」と題しパネルディスカッションが行われ、パネリストとして皇學館大學大学院特別教授 櫻井治男先生、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官補佐芝沼隆太先生、政彦神社宮司吉村政德先生の三名が登壇され、神道青年全国協議会金田祐季副会長の進行によって進められました。

櫻井先生は宗教学、芝沼先生は行政、吉村先生は神社の現場とそれぞれの観点から問題点と解決策を上げ、地方における神社の重要性を説かれました。

8日に行われた第三講は、ジャパネットたかたの創業者で現在株式会社A and Liveの代表取締役を務める 高田明社長による「今を生きる」を拝聴いたしました。

前日の二つの講義とは違い、未来を予測して行動するのではなく、生きている「今」に全力で取り組めば未来は自ずと開かれるとのお話を、自身の経験則とともにお話をされました。

f0136366_09403751.jpg

二日間に渡る講義を通し、斯界が置かれている厳しい状況を理解するとともに、地域社会を盛り立て、一層の地域振興に努めていく重要性を学ぶことが出来ました。

本研修で学んだことを社務に活かし、これからもまい進していく所存であります。



福井県護国神社 権禰宜 伊藤太郎


[PR]
# by fukuishinsei | 2018-03-16 11:58 | 活動の報告 | Comments(0)

雛祭り雅楽奉仕

33日、桃の節句、また上巳の節句となり、第3回の女子神職会主催のひな祭り神事が、佐佳枝廼社にて執り行われました。

f0136366_10000711.jpg

我々、神道青年会も5人囃子となり、3管にて雅楽にて御奉仕申し上げました。休日ということもあって、多数の参列がございました。

f0136366_09594707.jpg

女子神職会の皆様は、色とりどりの装束に身をまとい、魔除長寿の桃の枝にてお祓いをするなど、華やかなお祭りとなりました。


【渉外広報委員会 幹事 武曽 洋暁】


[PR]
# by fukuishinsei | 2018-03-08 10:01 | 活動の報告 | Comments(0)

f0136366_13184178.jpeg

本日予定しておりました当会恒例の北方領土早期復帰祈願 寒中禊錬成会ですが、近年稀な大雪による荒天により、止むを得ず中止させていただくことになりました。




福井市内だけでも、ゆうに1メートル50センチを超える積雪量があり、これからもまだ積もると言われております。

すでに全国的に報じられていますように、市内をはじめ県内や北陸そのものの交通にも大きな影響があり、JRをはじめ私鉄、バス各社ともに全線ストップしております。




市内の学校は当分臨時休校になり、会社は臨時休業、イベントや入試も延期という状況です。




会員は各社において、意義あるこの日に同上の祈念を申し上げることになりました。




参加を予定されておられた皆様には大変申し訳なく思いますが、上記の事情に鑑みましてお許し願えればと存じます。


  会長 新 田 義 和




https://www.facebook.com/events/573264263008537/?ti=icl


[PR]
# by fukuishinsei | 2018-02-07 13:17 | 活動のお知らせ | Comments(0)

 1120()、午後6時半より福井市のアオッサの研修室において、福井市立郷土歴史博物館館長・氣比神社宮司の角鹿尚計氏を講師に迎え、勉強会を開催しました。勉強会には、当会の元会長で相談役の宮川貴文先輩をはじめ(桑原・松村・杉坂・斎藤・宮田京・西尾・山本・位坂・伊藤・角鹿)現会員のご参加に加え、当会参与(神青を卒業された歴代会長経験者)の榊原茂樹先輩も急遽ご来駕いただきました。


f0136366_17103981.jpg

 「そうだったのか!明治維新」という題目で、明治維新を神道人の立場、また、郷土歴史や偉人についてご講義を受けました。
 来年はいよいよ明治維新150周年の記念の年であり、福井県からも福井藩藩主・松平春嶽や福井藩藩士・橋本左内、また、五箇条の御誓文の草案となった「議事之体大意」の作成や東京府知事にもなった由利公正といった偉人が活躍し、日本の近代化の基礎を作っています。福井県民にとっても来年の明治維新150周年を記念するとともに、福井国体も開催されることから多くの行事等も予定されています。


f0136366_17105854.jpg

 明治維新は先人が欧米列強から我が国を守るため、天皇を中心とした近代的国家形成のために行われた変革であり、現代日本の基礎となっています。もちろん、神社に関しても多くの改革が行われた時代であり、私たち神職も無関係ではありません。そこで、この節目に際して、改めて明治維新とは何かということを神道人の立場、郷土の歴史偉人の観点から学びました。

現代の 礎築く 先人の 明治維新を 偲びて学ぶ

【教化研修委員会 幹事 角鹿尚文】


[PR]
# by fukuishinsei | 2017-12-04 17:13 | 活動の報告 | Comments(0)

地久節奉祝雅楽演奏会

1020日(金)、2時より福井市月見の福井赤十字病院の一階エントランスにおきまして、地久節奉祝雅楽演奏会を行いました。当会雅楽部の吉田部長・新田会長他5名(桑原・小林・山本・角鹿・西尾)が参加しました。


f0136366_11360819.jpg


1020日は皇后陛下の誕生日であり地久節と言います。戦前には祝日とされ、奉祝の歌も歌われたようです。今回はその時に歌われた唱歌「地久節」を五線譜から当会会員の小林が楽器ごとに譜面を創作し、平調の「音取」「越天楽」「陪臚」を演奏の後「地久節」を演奏しました。「地久節」はあまり時間のない中での練習でしたので色々と反省点はございましたが、しっかりと演奏することが出来ました。


f0136366_11354464.jpg


入院されている方や通院されている方、また、医療に従事されている職員の方など多くの方に聞いて頂けたようで、当会が準備した50枚の地久節の歌詞、説明書きもあっという間になくなり、福井赤十字社の方で50枚印刷して頂いたものも全て配ることが出来ました。

さすがに地久節を歌える人はいなかったようですが、多くの方に周知出来たのではないかと思います。


f0136366_11380980.jpg


世界中で苦しんでいる、ひとりでも多くの人を、救いたいということから事業をされている日本赤十字社、その日本赤十字社の名誉総裁であられますのが皇后陛下です。そういった事から福井赤十字病院におきまして、当会雅楽部もその一助となればと奉祝と皇室の弥栄、国家の隆昌はもとより、多くの苦しみを持った方々、病院内におられる皆様が少しでも心の平安を持てるよう気持ちを込めて地久節のこの日に「地久節」を演奏させて頂きました。

入院されている方や通院されている方への元気づけとなるとともに、一日も早く病気や怪我などの平癒及び健康と長寿をお祈り申し上げます。


執筆【副会長 西 尾 彰 浩】



[PR]
# by fukuishinsei | 2017-11-07 11:40 | 活動の報告 | Comments(0)