人気ブログランキング |

ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

カテゴリ:未分類( 72 )

天下大祓


天皇陛下の即位に伴い11月行われる大嘗祭(だいじょうさい)を前に8月末に、各々の神社にて、新しい時代の災いを祓い日本の安寧を祈る「天下大祓(てんかおおはらえ)」を全国単位会で一斉に行いました。

 毎年秋、天皇陛下は、その年の新穀を、御祖先である天照大御神様をはじめ、神々にお供えし感謝を捧げる「新嘗祭」を宮中で御斎行になります。なかでも、陛下がご即位後初めて行われる新嘗祭が「大嘗祭」です。代替わりの年だけに行われる特別な神事であり、数ある祭祀の中で最高の重儀とされています。


 福井県神道青年会では、早朝に北陸道総鎮守越前国一之宮氣比神宮において、氣比神宮氏子青年会のご協力をいただき、拝殿にて「大祓詞(おおはらえことば)」を奏上し、大鳥居より天下(あめのした)をお祓い致しました。


f0136366_09340559.jpg
f0136366_09344682.jpg
f0136366_09351214.jpg


その後、第26代継体天皇を祀る越前祖神足羽神社に移動し、正午に行われる天下大祓を清らかな体と心で迎えるために奉仕者は禊を執り行いました。禊の水槽には福井の三大河川「九頭竜川」「日野川」「足羽川」などの水を加え心身のお祓いを致しました。


f0136366_09363124.jpg
f0136366_09373485.jpg



天下大祓は「神道青年全国協議会」主催の事業であり、全国単位会一斉に執り行うとして正午に実施することとなっているため、正午より行われました。先ず、「大祓詞(おおはらえことば)」を奏上。続いて切麻(きりぬさ)と大麻(おおぬさ)でけがれを清め、木綿と麻の布を裂く裂布の儀を行い、およそ30分で終えました。


f0136366_09391314.jpg
f0136366_09401488.jpg
f0136366_09405015.jpg

当日は雨が降っていましたが、晴れ間がさす時間帯があり拝殿だけではなく天下(あめのした)でも「大祓詞(おおはらえことば)」を奏上することができました。


f0136366_09412815.jpg
f0136366_09422156.jpg


 天下大祓終了後の直会にて「天をむすぶ」にあやかって「天むす」を頂きました。


f0136366_09464465.jpg
f0136366_09464606.jpg



大嘗祭がつつがなく御斎行されることを祈り、令和が良き時代になるよう、福井県神道青年会一丸となって、これからも地域の方々との「なかとりもち」として神社に奉仕していきたいと思います。


渉外広報委員会 武曽洋暁

 


by fukuishinsei | 2019-09-18 09:51 | Comments(0)


去る82728の2日間に亘り、令和元年度神道青年全国協議会「夏期セミナー」を全国より約160名の会員が神社本庁二階大講堂に一堂を会し開催され、当会から山本会長以下2名が参加しました。


f0136366_14391315.jpg

本年度の夏期セミナーは、「新しい御代の教化活動」と題し、新しい御代を迎え斯界においても新しい時代に即した教化活動を展開する素地を養うため、基礎知識を再確認すると共に、新しい制度・思潮・技術・文化を積極的に取り入れていく姿勢を涵養することを目的に開催され、講師の方々にご講演いただきました。


f0136366_14404193.jpg

【第一講】 講演 「践祚大嘗祭の基礎知識」 講師 髙野裕基 先生(國學院大學研究開発推進センター助教)


f0136366_14412206.jpg

  【第二講】 講演 「言論界における左派・右派の現状とその対立を超えてゆく方法」講師 三浦瑠麗 先生

                         (国際政治学者・株式会社山猫総合研究所代表取締役)


f0136366_14420471.jpg
【第三講】 講演 SDGsの概要と政府の取組」講師 春木博己 先生(外務省国際協力局地球規模課題総括課長補佐)


時代の転換期の中今に立つ私達は、先人達の紡いできた歴史や伝統を正しく理解し、新しい時代に即し時宜にかなった教化活動を展開すべく、研鑽を積み重ねる必要があると考えます。また、夏期セミナー後は、本年御創立150年を迎える靖國神社に参拝しました。


f0136366_14424920.jpg


神明神社 権禰宜 宮田卓


by fukuishinsei | 2019-09-09 14:52 | Comments(0)

ひな祭り 雅楽奉仕


第四回目となる女子神職会主催のひな祭り神事が佐佳枝廼社にて執り行われ、三管一鼓にて奏楽しました。佐佳枝廼社様より直垂・引立烏帽子をお借りしての奏楽となりました。


f0136366_15331501.jpg

f0136366_15334431.jpg

f0136366_15332029.jpg


by fukuishinsei | 2019-03-09 15:35 | Comments(0)

平成30921日(金)、当日生憎の雨予報となりましたので、越前市大屋町鎮座の白山神社藤井宮司様の御快諾を賜りまして第47回交通安全祈願祭を御斎行申し上げました。お祭りには、南越支部支部長佐々木茂様、白山神社宮司藤井健一様、地元交通安全協会様にご参列頂き、市内、県内、日本全国の交通安全をお祈り致しました。


f0136366_09042185.jpg


祭典後、天候も回復してまいりましたので、元々祭典を行う予定でしたショッピングモール武生楽市様の駐車場をお借りしまして、御来店頂いたお客様と自動車をお祓いし、交通安全協会様と共にお守りとパンフレットをお渡ししました。


f0136366_09045599.jpg


当県は、特に県民の高齢化が進んでおり、高齢者の事故も非常に増えているとお聞きしております。また、今年は大雪を始め、大雨による浸水、台風などの自然災害も多く起こりました。自動車だけではなく、二輪車や、歩行者含め、一人ひとりが意識を高く持ち、安全で住みよい交通社会になって頂きたいと切に願います。


f0136366_09043410.jpg


八幡神社 宮司 位坂伸昌


by fukuishinsei | 2018-09-23 09:17 | Comments(0)

平成30年 互礼会


 410日(火)7時より、金崎宮の社務所において互礼会が行われ、新田会長以下会員11名が集まりました。互礼会は新年度に入って最初の全体会議であり、本年度に行われる予行事の予定を確認しました。


f0136366_12041000.jpg



 全体会議の後は金崎宮の田村典男宮司、彌美神社の田中雅実宮司、氣比神宮の桑原宏明禰宜にもご臨席の上、懇親会となりました。



f0136366_12043568.jpg



渉外広報委員会 監事 武曽洋暁


by fukuishinsei | 2018-04-14 13:36 | Comments(0)

武生にて雅楽演奏!!

82日、武生ライオンズクラブの納涼例会にて雅楽を演奏させて頂きました。今回、武生ライオンズクラブさんは『伝統と文化』をテーマにされていたようで白山神社の小泉宮司さんのご紹介で当会雅楽部がオープニングを飾らせて頂く形となりました。


f0136366_11511217.jpg


場所はセントミッシェルガーデン二階会場にて新田会長以下六名。三管三鼓を用い平調『音取』『越天楽』簡単に楽器の説明をさせてもらいまして『五常楽急』で締めさせて頂きました。

会場におられる方々に耳を傾けて頂けて、演奏の方にも一層気合が入る気持ちなりました。これからも色々の方々に聞いて頂けるよう努力していこうと思います。


f0136366_11505842.jpg


涼しげに 伝統届け 響く音 安らかなるや 雅楽の調べ


【渉外広報委員会 幹事 武 曽 洋 暁】



by fukuishinsei | 2017-08-05 13:22 | Comments(0)

先日の5月9日に・・・

去る59日に神道政治連盟福井支部定例役員会が行われました。
f0136366_17203281.jpg

その場をお借りしまして、416日に若狭町議会選挙に出馬されました、闇見神社 禰宜 渡辺英朗さんの当選の慰労会を致しました。

f0136366_17363093.jpg

議員として神職として地域のため福井県のために、力を尽くしていくという抱負を語って頂き慰労会は、大いに盛り上がりました。

f0136366_17374166.jpg
今後の渡辺さんの活躍を本会も応援していきたと思います。

【渉外広報委員会 幹事 武 曽 洋 暁】


by fukuishinsei | 2017-05-16 17:40 | Comments(0)

323日(木)24日(金)の両日、平成28年度神道青年全国協議会中央研修会が広島県のANAクラウンプラザホテル広島において開催され、当会からは宮田京会長、桑原、松田、山本、位坂、角鹿の6名が参加しました。世界で初めて原子爆弾が使用された広島において開催された本研修会は「平和への希求~進むべき未来への道筋~」という主題で青年神職として平和維持について学びました。

f0136366_21042949.jpg

 第一講義目はケント・ギルバード氏から「真の平和を実現するために」という題で、戦後失われた日本人の誇りを取り戻し自立し、世界の期待に応えるようその第一歩として憲法改正の実現を述べられていました。第二講義目には呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長の戸髙一成氏から「戦後七十年と平和」という題で、どの国も建造することができなかった世界最大の戦艦・大和を建造した日本人の技術力について講聴しました。

 二日目の早朝には広島平和記念公園の原爆死没者慰霊碑の前において、献花・黙祷・拝礼をして、原爆によって亡くなられた人々に哀悼の意を捧げるとともに、再びこのような惨禍が起こらぬよう、日本と世界の平和を祈りました。

f0136366_21053874.jpg

 第三講義目には、広島平和記念資料館館長の志賀賢治氏から「記憶の継承」という題で、原爆の悲惨さ、被爆者の思いを伝えるとともに、核廃絶を実現するため資料館はこれからどう後世に伝えていくかについて述べられていました。

 本研修会は、「平和」を主題に国際平和都市である広島県において開催されました。去年、原子爆弾を初めて使用したアメリカの現職の大統領であったオバマ前大統領が、初めて使用された広島を訪問したことで世界中から注目を集めました。また、安倍首相が大東亜戦争の始まりの地となった真珠湾に慰霊のため訪米し、本年度は日米の和解と平和を祈る象徴的な年であったといえます。しかし、現在日本を取り巻く環境はとても平和とは言い難い状況にあります。北方領土・竹島が不法に占拠された状態が続き、急速な軍事拡大によって海洋進出を進める中国によって、沖縄県・尖閣諸島も危機的状況にある。さらには、国際社会に背き、核兵器を製造して周辺国の安全保障を脅かす北朝鮮といった危険分子が日本周辺を取り巻いている。これからの日本を担う我々青年神職が集い、再び広島・長崎のような惨禍・戦争の悲劇が起きぬよう、核兵器廃絶を求めるとともに、日本の安全保障と世界平和について学びました。

f0136366_21063061.jpg

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿 尚文】


by fukuishinsei | 2017-03-25 21:13 | Comments(0)

27日(火)、午前645分より、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチにおいて当会恒例行事である禊練成が行われました。この禊練成は毎年27日の「北方領土の日」に合わせて行われています。

f0136366_17545945.jpg
我が国の固有の領土にして、戦後70年以上に渡ってロシア連邦による不法占拠が続いている北方領土四島の日本への早期復帰実現を祈念しての禊練成であります。福井県護国神社・宮川禰宜の道彦による先導のもと、当会のほか、石川県神道青年会の方、またシンガーソングライターの山口采希さんのほか、一般の方々が多数来られ、総勢23名が参加しました。さらに、北方領土の国後島出身で三国町に住んでいる坂野上雄さんも来られ、「一生懸命してくれてありがたい。一日も早く日本に返してほしい。」と、気持ちを述べておられました。
f0136366_18450648.jpg

f0136366_17554599.jpg
当日は強風・風雪によって波が非常に高く、とても冷え込む天候でありましたが、皆、北方領土早期復帰を祈り禊練成に挑みました。禊は「穢れ(気枯れ)」から「清浄(正常)」に復帰するため、古くはイザナギ尊が黄泉国から戻ったときに「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」において禊を行ったことに始まり、神職は神事・祭礼の前などに身を清めるために禊を行っています。去年にはロシア連邦大統領が来日しておりますが、解決までにはまだまだ時間がかかるように思われます。高齢化していく島民の方のためにも、一日も早く我が国固有の領土である北方領土がロシア連邦によって不法占拠されているという「異常状態」から「正常」に戻ることを祈ります。

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】

f0136366_17552716.jpg


by fukuishinsei | 2017-02-09 18:04 | Comments(0)

忘年会

12月1日(日)、当会の忘年会を開催しました。18時半より鯖江市のボウリング場・アルプラザボウルにおいて、ボウリング大会を開催しました。ボウリング大会には宮田京会長以下会員13名が参加し、2チームに分かれてのチーム戦と個人戦で対戦しました。
f0136366_16284056.jpg

ボウリングで汗を流した後は、鯖江市糺町の焼肉屋・白樺において忘年会二次会を開催しました。
なお、この場においてボウリング大会の表彰式が行われ、糟谷元副会長が優勝、二位は松田理事、三位は宮田京会長でした。
f0136366_1628938.jpg

昨年より宮田京会長のもと様々な諸活動に邁進してきました。当会の創立65周年記念事業として英霊顕彰活動やレイテ島における海外慰霊祭、記念酒奉献事業などを始め、恒例事業でも御祖祭や交通安全祈願祭、青少年教化育成事業など多くの活動を会員一同が一丸となって取り組んできました。今回は娯楽も取り入れてその慰労をねぎらう忘年会となりました。今期もあと数か月となりましたが、会員一同気を引き締めて今期の行事を最後までやり遂げていきたいと思いました。
【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】
f0136366_16282639.jpg

by fukuishinsei | 2016-12-01 18:30 | Comments(0)