ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

2018829()30() 神道青年全国協議会主催による夏期セミナー

「転換期に立つ我ら ~世論を喚起するために~」をテーマに、会場は熱く盛り上がっていました。


f0136366_15080157.jpg

初日

第一講、小國神社宮司・神道政治連盟会長、打田文博先生のお話からは、目の覚めるような喚起するお話を頂き、一つ目の講義からテーマの通り「転換期に立つ我ら」の自覚をしっかりと呼び起こさせられました。それぞれのお宮において、自然な形で心からお祝いできる「心」を私たちは、今から、これから、十分に伝えといてゆかなければならない立場であることを導いて下さる内容でした。


f0136366_15081380.jpg


第二講、神道政治連盟首席製作委員、田尾憲男先生のお話は「国体」を、見直し日本国民の心を見つめなおし、また我らがその手本になるべく神社界になっていかねばならない事を、お教えいただきました。


f0136366_15082849.jpg


第三講、國學院大學名誉教授、大原康男先生のお話は、今上陛下における有識者会議などで実際にご意見を発せられている、生のお話。それは、この平成三十年を向かえ、一人ひとりの思いと方向性を見極めて日本国、日本国民が一丸となって御世替りを慶び迎えられる心を育てていかなければいけないと感じることが出来ました。初日の講義はここまで、どの講義も大変身になるお話でした。とても現実的な身近なお話を伺うことができました。


f0136366_15083529.jpg


二日目

第四講、日本政策研究センター代表、伊藤哲夫先生のお話は、憲法改正の正しき理解を深め、一部の偏ったメディア報道には流されないようしっかりと知識を頂きました。伊藤先生から頂いた資料は、私は大変興味深く拝見いたしました。ポツダム宣言受諾より大日本帝国憲法から日本国憲法へ変換時に、どれだけ日本が抑圧されて国民の意識を押さえ込まれ、「心」を封じ込められてきたか。お話を伺っていて胸が苦しくなるような想いでした。正しく、憲法を理解し、正しく自分の意見をもって憲法改正に向き合える心を育んでゆける環境を、神社会は担っているということを、改めて気づかされる、大変深い内容でありました。個人的にも第四講を一番楽しみにしており、得るものが多かった講義を受けることができました。


f0136366_15084618.jpg


二度目のセミナー参加でありましたが、企画も講師の方々も素晴らしい内容で、有意義な二日間を過ごすことができました。全国から集まる神職がこの思いを各地に持ち帰り、氏子崇敬者ならびに参拝者、神社関係者にお伝えするべく役割も重要課題であることの責任を、深く感じた夏期セミナーでした。

セミナー終了後に、参加者の女子神職は、神道青年全国協議会の佐野会長と座談会が設けられました。女子神職からの目線、意見、などの交換をし、当初はみなほぼ初対面で緊張していましたが、徐々に空気に慣れて各地における女子神職の活躍や苦悩、苦労を伺うことができました。また、これをきっかけにもっと深く話し合いたいですね!!という挨拶で皆さんと別れました。


f0136366_15114694.jpeg



また、講義終了後に山谷えりこ先生のご好意により、私たちは自民党本部、ならびに国会の見学をさせて頂きました。お忙しい山谷先生は安倍総理との重要な会議の途中にも、私たちを暖かくお迎えくださり、秘書の渡辺さんを主にご案内頂き、自民党本部では「総裁席」に座らせて頂き、各自記念撮影などもさせて頂いた。山谷先生にはますますご活躍頂き、我ら福井県神道青年会もお力添えをして参りたいと強く感じました。


f0136366_15090132.jpg


柴田神社 権禰宜 黒田由美


[PR]
# by fukuishinsei | 2018-09-13 15:26 | 活動の報告 | Comments(0)


 8月20日(月)、福井県神社庁に於いて、前回(7月20日)に続き2回目となる献幣使随員についての勉強会が行われました。講師には前回同様、県祭式講師の馬来田善敬先生にご教授を頂きました。


f0136366_11134110.jpg



 今回は「衣紋編」として、正服の着装につき学びました。助勤等でお祭りをご奉仕する際には、衣紋者として着装のお手伝いをした後、自分自身も着装しなければならない為、限られた時間の中、正確に着装することが必要となります。私自身、衣紋の着装経験がなく、今回初めて衣紋の着装を経験させて頂きました。



f0136366_11140840.jpg


 馬来田先生や諸先輩方に丁寧にご教授を頂き、なんとか着装することが出来ましたが、常日頃から鏡を見て着装する鍛錬が重要だということが本研修を通じて肌をもって経験することが出来ました。本研修で学んだことを踏まえながら、日々鍛錬を積み、今後お祭りを奉仕する際に活かしていきたいと思います。


f0136366_11141775.jpg



和田八幡宮 禰宜 宮城 康臣



[PR]
# by fukuishinsei | 2018-08-23 11:19 | 活動の報告 | Comments(0)

平成30年 英霊感謝大祭

 

 終戦から73年目を迎えた、815日午前10時より福井県護国神社に於いて恒例の英霊感謝大祭が斎行され、ご遺族をはじめ多くの方々が参列され英霊のご冥福をお祈りされました。

 平成最後の英霊感謝大祭となり、段々と直接に戦争を体験された方が少なくなった今、改めて今日の平和は当たり前のことではなく、この国を守るために尊い命を捧げてくださった英霊のおかげであることに感謝し、そのことを後世に伝えていかなければならないとご奉仕する中で強く思いました。

f0136366_10555376.jpg



三國神社 権禰宜 佐々木 悠


[PR]
# by fukuishinsei | 2018-08-21 11:29 | 活動の報告 | Comments(0)

禊錬成会

 89日午後5時頃より福井県神社庁前駐車場において禊錬成会を行いました。例年本会の禊錬成会は、北方領土の日であり、福井県のふるさとの日でもある27日に行っていましたが、本年は56豪雪以来の大雪で、やむなく中止となってしまいました。


f0136366_13291132.jpg

 そのような中、本県で開催される中堅神職者研修において禊の研修があるという事をお聞きして、神社庁、道彦の宮川先生にご無理申し上げ、受講生の皆さんと一緒に禊をさせて頂く事になりました。

f0136366_13205577.jpg

 風が吹くと千切れそうな例年の禊とは違い、曇り空も晴れてきたやんわりとした暑さの中、神社庁周辺には元気な声がこだましました。鳥船を行なっているうちにジリジリと汗ばんで水を被っても少し温く、若干の締まりなさ?(自分の身体含め)のようなものを感じはしましたが、厳しい寒さがない分、しっかりと動作を確認しながら行う事が出来ました。

f0136366_13220042.jpg


じりじりと 汗ばみ雄叫ぶ 夏の夕 みそげ罪穢 中年の腹


神明神社 宮司 西尾彰浩



[PR]
# by fukuishinsei | 2018-08-15 13:15 | 活動の報告 | Comments(0)

 82()、福井県神道青年会主催の青少年育成事業こどもプロジェクト「夏休み 鎮守の杜で遊ぼう~こどもプチ国体~」を午後1時より藤島神社において開催しました。本事業には新田義和会長(藤島神社宮司)以下、会員・大人8名、子供32名が参加しました。

 本年は本県で国民体育大会が開催される記念の年であり、神域という特別な場所で、郷土の歴史や文化を学ぶとともに、スポーツを通して、友達同士の協力の大切さ、心の輪を広げて頂くことを目的に開催しました。
 開会式ではまず始めに、全員で藤島神社の社殿に入り、新田義和宮司斎主のもと、正式参拝を執り行うとともに、子供たちも玉串を捧げて拝礼しました。また、神前を通して国歌を斉唱し、先の西日本豪雨の被災地の早期復興を祈念しました。


f0136366_11422836.jpg


 神社学習においては、「幕末明治の福井のすごい人についてのお話」を伊藤事務局員が橋本左内についてお話され、次に「皇室・天皇陛下についてのお話」を山本副会長がお話をされました。我が国にとって皇室、天皇陛下はどのような存在であるか、日本の國體について子供達に分かりやすく解説するとともに、国旗掲揚の啓発として、うちわに日の丸を描いて国旗・日章旗についても説きました。また、「神話紙芝居【天孫降臨】」を角鹿会員が朗読しました。


f0136366_11424930.jpg


 その後は、国体デモンストレーション競技の体験ということでスポーツチャンバラの体験と試合をスポーツチャンバラ協会インストラクターによる本格的なレクチャーのもとで開催しました。


f0136366_11423459.jpg

 トーナメント戦でみんな大騒ぎをしながら楽しく行うことができ、決勝戦は拝殿前にて奉納試合となりました。その後終了式では国歌斉唱のもと、国旗を降納し、スポーツチャンバラトーナメント戦における表彰式を行い、スポーツチャンバラ協会インストラクターによる講評、そして、西尾副会長の閉式のことば、新田会長の挨拶・御礼によって締め括りました。


f0136366_11425952.jpg

 今年の夏は非常に暑く、各地で気温が史上最高を記録し、それに伴い熱中症などの被害が全国で起きているので、気をつけて室内で行う内容が多くなりましたが、みんな怪我など無く、楽しんで頂けて良かったと思います。今回の事業が参加された子供たちのこの夏休みの思い出となるとともに、神社学習で学んだことで、皇室や天皇陛下について、また、神社・神話等に興味を持つきっかけになったのではないかと思います。


【氣比神社 禰宜 角鹿 尚文】


[PR]
# by fukuishinsei | 2018-08-04 13:13 | 活動の報告 | Comments(0)