人気ブログランキング |

ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

平成30年度神道青年全国協議会中央研修会


平成31313日(水)~14日(木)茨城県水戸市の水戸プラザホテルを会場とし、神道青年全国協議会の中央研修会が開催されました。当会より8名の会員が参加し、『氏子と共に歩む時 ~過去・現在・未来の中で~』を主題に研修を行いました。


f0136366_15094383.jpg

第一講では、常陸国の一宮鹿島神宮宮司鹿島則良先生の「神に仕えて想うこと ~鹿島の神と水戸の教え、そして鹿島神宮の中今~」を演題とした講義を受けました。


f0136366_15095410.jpg

鹿島先生は日本古来の神道を水戸学の支柱とした鹿島神宮にて長年奉仕し、徳川光圀公の尊王思想「大日本史」や、自らの神様の思想、神憑りとして若い神職に伝えたい事をご教授頂きました。

2講では、脳科学者・医学博士・認知科学者で多数のメディアに御出演の中野信子先生を講師とし「現代社会と氏子 ~科学の力と祈りの力~」を演題に科学者の視点からご講演賜りました。この人間社会で起こりうる現象と神様を感じることで起こりうる現象、科学では解明できない事が正しくそこにあり、神様に仕える神職にこうあって欲しい、こうなっていって欲しいとの見解を教えて頂きました。


f0136366_15095910.jpg

3講では、水戸市大洗町を背景にて大ヒットした「ガールズ&パンツァー」というアニメを企画、運営、協力に携わった常盤良彦先生、大里 明先生、杉山 潔先生を迎え「氏子の未来とまちづくり ~神社を中心とした地域活性化の可能性~」とした演題でご教授頂きました。そのアニメの舞台となった大洗町では、アニメという分野、戦車や戦闘機を使ったという分野、様々な問題がある中で、氏子も決して多くはない町で、また高齢化した住民への理解、それを乗り越えヒットさせ、また町自体も活性化に繋がったことを細かに説明頂きました。


f0136366_15093606.jpg

本研修会では、神様と人との繋がり、人と人との繋がりを、「氏子」という共存共栄の精神の意義を再認識させられ、過疎化の進む当県では、今こそ氏子さんと共に歩むことの大切さを感じました。


八幡神社宮司 位坂伸昌


by fukuishinsei | 2019-03-19 15:12 | 活動の報告 | Comments(0)