ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

323日(木)24日(金)の両日、平成28年度神道青年全国協議会中央研修会が広島県のANAクラウンプラザホテル広島において開催され、当会からは宮田京会長、桑原、松田、山本、位坂、角鹿の6名が参加しました。世界で初めて原子爆弾が使用された広島において開催された本研修会は「平和への希求~進むべき未来への道筋~」という主題で青年神職として平和維持について学びました。

f0136366_21042949.jpg

 第一講義目はケント・ギルバード氏から「真の平和を実現するために」という題で、戦後失われた日本人の誇りを取り戻し自立し、世界の期待に応えるようその第一歩として憲法改正の実現を述べられていました。第二講義目には呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長の戸髙一成氏から「戦後七十年と平和」という題で、どの国も建造することができなかった世界最大の戦艦・大和を建造した日本人の技術力について講聴しました。

 二日目の早朝には広島平和記念公園の原爆死没者慰霊碑の前において、献花・黙祷・拝礼をして、原爆によって亡くなられた人々に哀悼の意を捧げるとともに、再びこのような惨禍が起こらぬよう、日本と世界の平和を祈りました。

f0136366_21053874.jpg

 第三講義目には、広島平和記念資料館館長の志賀賢治氏から「記憶の継承」という題で、原爆の悲惨さ、被爆者の思いを伝えるとともに、核廃絶を実現するため資料館はこれからどう後世に伝えていくかについて述べられていました。

 本研修会は、「平和」を主題に国際平和都市である広島県において開催されました。去年、原子爆弾を初めて使用したアメリカの現職の大統領であったオバマ前大統領が、初めて使用された広島を訪問したことで世界中から注目を集めました。また、安倍首相が大東亜戦争の始まりの地となった真珠湾に慰霊のため訪米し、本年度は日米の和解と平和を祈る象徴的な年であったといえます。しかし、現在日本を取り巻く環境はとても平和とは言い難い状況にあります。北方領土・竹島が不法に占拠された状態が続き、急速な軍事拡大によって海洋進出を進める中国によって、沖縄県・尖閣諸島も危機的状況にある。さらには、国際社会に背き、核兵器を製造して周辺国の安全保障を脅かす北朝鮮といった危険分子が日本周辺を取り巻いている。これからの日本を担う我々青年神職が集い、再び広島・長崎のような惨禍・戦争の悲劇が起きぬよう、核兵器廃絶を求めるとともに、日本の安全保障と世界平和について学びました。

f0136366_21063061.jpg

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿 尚文】


[PR]
# by fukuishinsei | 2017-03-25 21:13 | Comments(0)

雛祭り雅楽奉仕

3月3日、桃の節句、また上巳の節句となり、第2回の女子神職会主催のひな祭り神事が、佐佳枝廼社にて執り行われました。
f0136366_17101525.jpg
我々、神道青年会も6人囃子となり、3管3鼓の雅楽にて御奉仕申し上げました。昼休みの仕事の合間に来られた女性、また小さな女児を連れたお母様など、多数の参列がございました。
f0136366_17114803.jpg
女子神職会の皆様は、色とりどりの装束に身をまとい、魔除長寿の桃の枝にてお祓いをするなど、華やかなお祭りとなりました。

【古市八幡神社 宮司 位坂伸昌】

[PR]
# by fukuishinsei | 2017-03-04 17:13 | 活動の報告 | Comments(0)

2/14(火)13:30より福井県国際交流会館にて行われた「北方領土を考える県民の集い」に宮田会長を始め当会の会員が出席いたしました。
f0136366_15543125.jpg
北方領土返還要求運動福井県民会議の構成団体の理事として福井神道青年会も加盟しており、第一回より参加を続けております。
遠く離れた北方四島の早期復帰は日本国民全体で求め解決に導くべき問題と考えておりますが、この集いに今年も知事の参列は無く、甚だ残念でなりません。
禊に込めた北方領土早期返還の祈りが結実になるよう、またこの問題意識が国民の多くの次世代に継承されるよう活動を続けていきたいと存じます。
【福井県護国神社 権禰宜 通信員 伊藤太郎】
[PR]
# by fukuishinsei | 2017-02-14 15:45 | 活動の報告 | Comments(0)

27日(火)、午前645分より、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチにおいて当会恒例行事である禊練成が行われました。この禊練成は毎年27日の「北方領土の日」に合わせて行われています。

f0136366_17545945.jpg
我が国の固有の領土にして、戦後70年以上に渡ってロシア連邦による不法占拠が続いている北方領土四島の日本への早期復帰実現を祈念しての禊練成であります。福井県護国神社・宮川禰宜の道彦による先導のもと、当会のほか、石川県神道青年会の方、またシンガーソングライターの山口采希さんのほか、一般の方々が多数来られ、総勢23名が参加しました。さらに、北方領土の国後島出身で三国町に住んでいる坂野上雄さんも来られ、「一生懸命してくれてありがたい。一日も早く日本に返してほしい。」と、気持ちを述べておられました。
f0136366_18450648.jpg

f0136366_17554599.jpg
当日は強風・風雪によって波が非常に高く、とても冷え込む天候でありましたが、皆、北方領土早期復帰を祈り禊練成に挑みました。禊は「穢れ(気枯れ)」から「清浄(正常)」に復帰するため、古くはイザナギ尊が黄泉国から戻ったときに「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」において禊を行ったことに始まり、神職は神事・祭礼の前などに身を清めるために禊を行っています。去年にはロシア連邦大統領が来日しておりますが、解決までにはまだまだ時間がかかるように思われます。高齢化していく島民の方のためにも、一日も早く我が国固有の領土である北方領土がロシア連邦によって不法占拠されているという「異常状態」から「正常」に戻ることを祈ります。

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】

f0136366_17552716.jpg


[PR]
# by fukuishinsei | 2017-02-09 18:04 | Comments(0)

1/27(金)19時より、永平寺町にある「サニーサイド」にて恒例の氏子青年会・福井県神道青年会合同新年会が執り行われました。
f0136366_10084600.jpg
年毎に氏子青年会、神道青年会とが主催を交互に行い、今年は氏子青年会が主催いたしました。
氏子青年会からは柴神社氏子青年会を始め、木田神社天王会、気比神宮氏子青年会、剣神社敬神団が出席し、当会からは宮田会長以下11名の会員が参加いたしました。
また、神社庁より金岡正和庁長もご臨席になられ、盛大に行われました。
f0136366_10090097.jpg
神社は神主と氏子との強い絆によって維持、発展していくものと考えております。これからもよりよい関係を保ち、斯界の益々の隆昌を願うところであります。
【福井県護国神社 権禰宜 伊藤太郎】

[PR]
# by fukuishinsei | 2017-01-28 15:55 | 活動の報告 | Comments(0)