ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

10/30(金)12:30より福井県護国神社にて英霊顕彰祭が行われ、当会より宮田会長はじめ多数の会員が参列し、祭典奉仕においては祭員に松田監事が、祭典雅楽に当会雅楽部の吉田監事、桑原副会長、山本事務局長がそれぞれ奉仕を務めました。
f0136366_16133428.jpg

本年の英霊顕彰祭は、毎年行われる福井県神社関係者大会に先立ち、戦後70年の節目の年に際して県民全員で、英霊への更なる顕彰とその偉功に感謝の誠を捧げるために斎行されました。県内全域より350名余りの参列があり盛大に催されました。
f0136366_16171214.jpg

祭典は、福井県神社庁 宮川修庁長(福井県護国神社宮司)を斎主に、橋本副庁長、馬来田理事、県神道青年会 松田監事、女子神職会 山﨑会員、県護国神社伊藤権禰宜の6名によって執り行われました。
神前への祝詞奏上と祭文奏上の後、県護国神社巫女により「みたま慰めの舞」が安らけく奉納されました。
f0136366_16135413.jpg

本年、大東亜戦争終結70年に当会が掲げる英霊顕彰活動の一つとして、非常に重儀な祭典へ奉仕し、また参列させていただくことによって、会員一同改めて英霊への感謝の意を表するとともに、英霊の志を次世代へ継承する事を誓い、我が国の恒久平和を偏に願う一日でありました。

【通信員 福井県護国神社 権禰宜 伊藤太郎】
[PR]
by fukuishinsei | 2015-10-31 16:12 | 活動の報告 | Comments(0)

野神神社鎮座祭

10月25日(日)午後7時より、野神神社の鎮座祭に絹垣奉仕をさせて頂きました。野神神社は藤島神社(新田義和宮司代務者・当会副会長)の摂社で、御祭神は藤島神社御祭神の新田義貞公の奥方である“勾当内侍”。勾当内侍は新田義貞公戦死(灯明寺畷の戦)の報に接し、悲しみのあまり琵琶湖に身を投げたと伝えられ、内侍の神霊は野神神社(滋賀県大津市)に祀られています。
f0136366_15512725.jpg

平成25年8月11日に大津市の野神神社より勾当内侍を分祀、2年余の歳月を経て、新たに造営された御社殿にお祀りされることとなりました。
近年、伊勢の神宮を始め出雲大社、上賀茂神社、春日大社などで遷宮が行われていることを契機とし、当会では今年5月に「遷座祭についての勉強会」を行いました。今回はその実践編として、また創立65周年記念事業「偉人顕彰活動」の一環として宮田会長を始め西尾、宮田卓、位坂、武曽、角鹿の会員6名が絹垣奉仕を行いました。
f0136366_1552369.jpg

浄闇の中、藤島神社本殿より出御、厳粛のうちに新宮へ入御あらせられました。
f0136366_15524169.jpg

縁あってご奉仕の機会を得、得難い経験をさせて頂きましたことに感謝申し上げると共に、この度の奉仕経験を奉務神社での奉仕に活かしてまいりたい…かように決意を新たにさせて頂きました(※伊藤は祭員として奉仕させていただきました)。
f0136366_1553341.jpg



【通信員 福井県護国神社 権禰宜 伊藤太郎】
[PR]
by fukuishinsei | 2015-10-26 15:49 | 活動の報告 | Comments(0)

10/20(火)14時より吉田郡永平寺町にある水田において抜穂祭が斎行されました。抜穂祭は去る6/5の御田植祭に続く祭儀であり、御田植祭から4ヵ月経って立派に成長した稲穂を刈り取る祭儀です。永平寺町の吉田酒造有限会社のご協力の下、保有する水田の一部をお借りして行われています。抜穂祭には斎主の新田副会長を始め松田、山本、位坂、猪島の5名が奉仕、桑原、西尾、角鹿、榊原相談役の会員4名、吉田酒造有限会社より社長他2名が参列しました。
f0136366_17592756.jpg


祭典終了の後、会員が白張姿となって自らが手植えを行った稲穂を刈り取りました。また、稲刈りを始める前に、斎主の新田副会長の先導にて「御製奉唱」を行いました。御製は今年の歌会始において天皇陛下がお詠みになられた御製です。
f0136366_184103.jpg


『夕やみの せまる田に入り 稔りたる 稲の根本に 鎌をあてがふ』

会員全員で御製を奉唱してから水田に入りました。お酒は稲穂が稔らなければ造ることはできません。古来より稲穂は最も大切なものであり、神前にお供えする場合も必ず一番上位にお供えします。天孫降臨の際に、瓊瓊杵命が天照大御神から高天原の稲穂を日本の国土に植えて豊かな国にしなさいという「斎庭の稲穂の神勅」を伝えられます。それは我が国の稲作文化の始まりとともに、我々の祖先が稲穂を大切にしていたことがわかります。
f0136366_18261644.jpg


立派に育った稲穂の収穫を神々に感謝し、無事に神酒が完成しますよう、また、ご協力頂いた吉田酒造有限会社の皆様に感謝をこめて、抜穂祭、稲穂の刈り取りを行いました。
また、抜穂を11/2の福井県護国神社臨時奉幣大祭並びに秋季例大祭新嘗祭に懸税として奉納します。
f0136366_17564229.jpg


【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】
[PR]
by fukuishinsei | 2015-10-20 17:38 | 活動の報告 | Comments(0)