ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

御祖祭

北陸が梅雨入りし、雨の多い時期にも関わらず、清々しい快晴の中、福井刑務所において、福井県神道青年会の代々続く恒例行事「御祖祭」を会員7名(宮田京会長・桑原・新田・西尾・山本・位坂・角鹿)と福井雅楽会の協力を得て斎行致しました。なお今年は私、角鹿が朝日舞の御奉仕をさせていただきました。
御祖祭では、入所者の方々の心を清め、天照大御神をはじめそれぞれの郷土の神様心のつながりをお助けさせていただきました。
宮田会長はあいさつの中で、『古事記』『日本書紀』において、高天原で悪行を行ったスサノオ命の話をされ、入所者へ更生の話をしました。
入所者の方々が、自らの行いを反省し、清らかな心で出所していただき、社会に復帰されますようお祈り申し上
げます。
f0136366_1355673.jpg

【通信員 気比神社禰宜 角鹿尚文】
[PR]
by fukuishinsei | 2015-06-25 13:50 | 活動の報告 | Comments(0)

さる6/5(金)14時より吉田郡永平寺町にある水田において御田植祭が斎行されました。
これは福井神青会65周年を記念して記念酒を醸造し、県内125社と終戦70年の節目に合わせて英霊顕彰のため靖国神社へ奉納する事業の一環として行われ、永平寺町にある吉田酒造有限会社のご協力の下、保有する水田の一部をお借りして行われました。
f0136366_1895828.jpg

事業は米作りから醸造までの一連の工程を神青会が関わり神事に欠かすことの出来ないお神酒を自らの手で奉納することを目的として行われ、御田植祭には桑原副会長を始め杉坂、猪島、伊藤の4名の会員が奉仕、また新田、西尾、山本の3名が楽人として奉仕いたしました。参列は宮田会長をはじめ会員5名と永平寺町長河合永充氏と吉田酒造有限会社会長、社長合わせ12名の社員の方々が列席されました。
f0136366_18111362.jpg

祭典終了の後、会員が白張姿となって水田へ入り自らの手で苗を手植えし、これからの事業の無事完遂を願いました。
f0136366_18115181.jpg

【通信員 福井県護国神社権禰宜 伊藤太郎】
[PR]
by fukuishinsei | 2015-06-05 17:11 | 活動の報告 | Comments(0)