ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

幼稚園で雅楽と絵本朗読

f0136366_1291484.jpg

 平成26年6月13日(金)午前11時より、福井市にある報徳幼稚園にて、雅楽の演奏と絵本の朗読を行いました。
 雅楽の演奏は、当会の雅楽部から6名(太鼓:西尾、鞨鼓:松田、鉦鼓:桑原、鳳笙:宮田京、篳篥:吉田、龍笛:山本)。約70名の園児の前で「平調 越殿楽」を演奏し、その後に簡単な説明をし、実際に園児達に楽器に触れてもらいました。大人でも中々接する機会の少ない雅楽に触れてもらい、実に楽しそうな子供たちの表情が印象的でした。当初、予定していた時間も若干オーバーしてしまいました。
f0136366_1295958.jpg

 続いて、幼稚園の年長組約30人だけ残ってもらい、幼稚園に隣接する火産霊神社の杉坂禰宜が、「いなばの白兎」の絵本を絵を見せながら朗読しました。いなばの白兎という題材は、ウサギやサメという動物が出てきて比較的に親しみやすい神話のストーリーで、描かれたイラストも簡易で象徴的なものだったので、子供たちも集中して耳を傾けていました。
 約一時間程度でしたが、今回このような機会を持てたことは良かったと思えました。それは園児達の素晴らしい笑顔から、まだ幼い子供たちだからこそ日本の伝統的な雅楽や神話から、余計な先入観なしで感じ取れる何かがあるのではないかと思えたからです。
f0136366_12102631.jpg


「おさな子の無垢な心に伝えたい 古き神話と雅楽の調べ」

【渉外広報委員 松村典尚】
[PR]
by fukuishinsei | 2014-06-14 12:07 | 活動の報告 | Comments(0)

六月二日、福井市ホテルフジタ福井天山の間で第一回北陸神道青年協議会理事会が開かれた。
 この度の第一回理事会を始め、北陸神青協研修会・第二回理事会と通年に亘る北陸神青協の諸事業が今年度は福井県担当のもとで展開される。
二年目を迎えた北陸神青協長谷川会長の期のもと、北陸の組織力と結束の固さは言うに及ばず、今年度の恒例事業を始め、時局的対外事業を如何に意義のある事業へと導けるか、本理事会が今年度を切る大事な一歩である事は議場に臨む三十二名の参加者それぞれの姿にうつしだされていた。
 心地よい緊張感のなか円滑に協議が進められ、特に北陸神青協研修会(案)の上程では、新潟・富山・石川・福井と四年に一度の周期で順当に進められる折、年々研修会自体のレベルが高くなっているのに比例し、各理事の資料を見る目も高く勾配している。
 当県からの研修会企画案件が承認されたのも、北陸地区相互の信頼関係と一人ひとりの研修に取り組む賢明さが生み出した結果なのであろう。
 これに甘んずる事無くさらなる研修会の構築と、北陸の資質向上への一助となれるよう努力をしていきたい。


(わか)
越(こし)の士(し)の 智(さとり)と力(ちから)を 堅(かた)めして
心(こころ)定(さだめ)む 愁(うれ)いなき世(よ)へ

【毛谷黒龍神社 禰宜 山本】
[PR]
by fukuishinsei | 2014-06-06 17:15 | 活動の報告 | Comments(0)