ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

 平成25年7月11日・12日の2日間に亘り、石川県金沢市にて「平成25年度 北陸神道青年協議会研修会」が開催されました。
 当会からは、坪田会長はじめ9名が参加。「日本人の美徳と伝統のまち金沢~次世代につなぎゆくもの~」を主題として、北陸地区の青年神職とともに研鑽を積み、交流を深めました。
f0136366_16282970.jpg
 
 初日は、研修会場となる「金渓閣」がある尾山神社で正式参拝を行い、開講式の後、第1講「十二単の着装と実演」「装束における生地について」を受講。京都の井筒装束店・井筒企画の方々が講師を務められました。
 第2講は、神社本庁広報部長の小間澤 肇 先生が「心のあり方を考える~時代状況にながされないために~」と題してご講演されました。
 夕刻、金沢ニューグランドホテルにて石川県神社庁長で尾山神社宮司の加藤治樹様、石川県内の宮司様や神青OBの先輩方、南坊城会長をはじめとする神道青年全国協議会の役員の方々がご臨席のもと、懇親会が盛大に開催されました。
 
 
 2日目は、(株)今井金箔を訪れ、第3講の「金箔工芸 箔貼り体験研修」。社長の今井圭一氏に金箔の歴史や製造についてご説明頂き、手鏡に金箔を貼る体験をさせて頂きました。
 尾山神社に戻り、閉講式で加藤研修所長より修了証を頂き、研修会の全日程を終了しました。
f0136366_16293087.jpg












 今回、ご担当された石川県神道青年会の皆様に改めて御礼申し上げます。

 次年度は福井県での開催となります。


金色の 汗光らせて 学び合い 次代を担う 若き神職


【広報渉外委員会 副委員長 渡辺英朗】
[PR]
by fukuishinsei | 2013-07-20 16:37 | 活動の報告 | Comments(0)

平成25年度教化研修事業

7月13日、賀茂神社にて「神社で遊ぼう」子供プロジェクトが行われました。
夏休みは、もっとも自然界が生命力に満ち溢れ、子供達の身も心も活発になっています。ふるさとの杜で、自然との関わりがあってこそ、生み育まれる、氏神様、八百万の神様への信仰の心を現代の親子に取り戻してほしいとの願いを込めて、このプロジェクトに携わりました。
 雅楽体験は、会員による演奏があり、その後、実際に楽器にふれて頂きました。時代衣装の装着、神様に願いが届くようにと、自分達で製作し、願いを書いた凧をあげました。会員が試行錯誤の上、作り上げた竹馬は、すぐに壊れてしまいましたが、今度は、その壊れた竹を地面に並べ、その上を歩いてじゃんけんをするという遊びに変化しました。杜の中には、ものを生み出す力、再生の力があります。この体験では、このような発見がたくさんありました。参加された皆様にも感じていただけたのではないかと思います。

夏休み 網持つ稚児の 声響き 走る笑顔に 揺れる榊葉

【賀茂神社 権禰宜 広部美雪】


*参加したお子さんからも感想を頂きました!

「神社で遊ぼう」に参加して 広部 嶺菜
「神社に遊ぼう」に参加をしました。一番心に残ったのは、雅楽体験です。「ふるさと」の演奏があって、神社いっぱいに、きれいな音が響いて感動しました。
 そのほかに、時代の衣装を着たり、たこをあげたり、コイン探しをしたりしました。
 コイン探しでは、木の間や、鳥居の場所などに隠してあって、とても楽しかったです。
 神主さん達も、みんなやさしくて楽しかったです。ありがとうございました。
f0136366_16453012.jpg

[PR]
by fukuishinsei | 2013-07-15 17:09 | Comments(0)