ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

 平成24年6月25日(月)、福井市内の神明神社において「東日本大震災復興祈願 本吉太々法印神楽奉納(もとよしだいだいほういんかぐら)」〈~鎮守の杜の復興と伝統文化の継承を願って~〉が行われました。
 先ず午後6時から、復興祈願祭が斎行され、その後の午後6時30分から場所を境内の神楽殿に移し、この神楽が奉納されました。
f0136366_1453439.jpg

 「本吉太々法印神楽」とは宮城県気仙沼市と岩手県陸前高田市に伝わる伝統的な神楽で、今回奉納されたのは神主自らが舞うのが特徴のものです。それ故、興行目的ではなく神前にのみ奉納されるものでもあるそうです。
f0136366_1454764.jpg

f0136366_14545437.jpg

 本来は先に挙げた両市以外での奉納は珍しいという神楽ですが、昨年起こった東日本大震災後に北陸の神道青年協議会が行ってきた復興支援活動に対しての感謝の気持ちから、現地の神職らでつくる神楽の保存会の方々が特別に演じてくれるものでした。
 そしてこの奉納神楽は、北陸四県の若手神職でつくる北陸神道青年協議会が主催となり、本県では福井県神道青年会が主管ということで行います。今回の25日の福井奉納公演を皮切りに、北陸四県の神社で奉納されます(26日は富山、27日は石川、28日は新潟)。各会場では被災地復興を祈願するとともに、伝統文化を後世に伝えるための浄財を募る活動も行います。 
f0136366_14552218.jpg
 
 さて、当日は約150人もの来場者を迎え、天気にも恵まれた奉納公演となりました。東北から来た6名の方々が演じた演目は「初矢(しょや)」・「西の宮」・「日本武尊の悪鬼退治」。解説もありつつ、この三つの演目が奉納されました。
 二つ目の演目「西の宮」では、演者のえびす様が竹の釣竿で鑑賞者席にいる鯛を釣る場面があったのですが、この鯛を演じたのが福井県神道青年会の吉田会長でした。当然、初めての大役(鯛役)に悪戦苦闘しつつ舞台の手前を右往左往しました。その様に客席からは笑い声も。
 又、三つ目の演目では、日本武尊が悪鬼と戦う勇壮な場面もあり、その迫力に圧倒されるところもありました。
 その後の最後の挨拶では、震災から一年以上が過ぎ、自身がその大きな災害にあわれて今思われているその気持ちを述べられました。そして「自分の命は自分で守る」との言葉は、体験から来る本物の重みをもって来場者の心に響きました。

 今回、「本吉太々法印神楽奉納」を行えて本当に良かったと思います。北陸では目にすることのない伝統的な神楽を特別に当地で奉納できたこと自体は当然ですが、それ以上に演者の方々の神楽に対する思いや震災に対する想いなど、貴重で大切な心がこの奉納公演にはあったと感じれたからです。

 最後に、当日奉納して頂いた本吉太々法印神楽保存会の方々、来場して頂いた方々、関係して頂いた方々に感謝しつつ、いつまでもこの素晴らしい神楽が継承されます事と、その舞台となる鎮守の杜の復興を心より願います。

『和歌』「古きより 東北の地で 残された 神楽伝える 大和のこころ」

【渉外広報副委員長 松村典尚】
[PR]
by fukuishinsei | 2012-06-29 12:21 | 活動の報告 | Comments(0)

平成24年6月16日(土)福井県護国神社で開催された1,000,000人のキャンドルナイトinふくい並びに、一乗谷の下城戸堀池で開催されたホタル鑑賞会の会場にて、北陸神道青年協議会主催で25日(福井県)を皮切りに北陸4県で奉納される本吉太々法印神楽のPRと、鎮守の杜復興の募金活動を行いました。
f0136366_12455849.jpg

当日は、梅雨の空はしていたものの両会場とも雨に降られることなく、多くの方々が声掛けにお答えいただき、復興への想いをいただくことができ、また人の心の暖かさを改めて感じた日でもありました。
f0136366_12462292.jpg

尚、「東日本大震災復興祈願 本吉太々法印神楽 ~鎮守の杜復興と伝統文化の継承を願って~」 は、
平成24年6月25日(月)午後6時~より、神明神社にて斎行されますので、皆様方奮ってご参集頂きますようご案内申し上げます。

【渉外広報委員長 松田典起】
[PR]
by fukuishinsei | 2012-06-22 12:58 | 活動の報告 | Comments(0)

日本酒についての勉強会

平成24年6月6日(水)午後6時半より総社大神宮において、株式会社 越前酒乃店はやし 代表取締役 林 宏憲 様を講師に招き「日本酒についての勉強会」がおこなわれました。
f0136366_1253103.jpg

まずは日本酒とは?という事で、日本酒の作り方から大吟醸と吟醸などの日本酒の分類の仕方まで、さまざまな日本酒を飲み比べながら、楽しく勉強会の時間は終了いたしました。
f0136366_12535714.jpg

これまで、わたしたちにとって昔から口にしてきた日本酒について、初歩から学んで知識を深める事が出来た有意義な1日でした。

『和歌』振り返る 遠い昔に 涙して 御神酒を奉る 祖先を想い

【白山神社 禰宜 小泉文仁】
[PR]
by fukuishinsei | 2012-06-15 11:25 | 活動の報告 | Comments(0)

去る平成24年5月29日(火)、富山県神社庁におきまして、北陸神道青年協議会の理事会ほかの案件が諮られました。当日の日程は、午後3時半より会長会、4時より中央研修会実行委員会(最後=会計報告など)、5時より理事会でした。また、7時からは、場所を名鉄トヤマホテルに移しての懇親会が催されました。
f0136366_9501980.jpg

なお、この3月には、新潟、富山、石川の3県の皆さんのご協力をいただき、福井開催・北陸神青協担当の平成23年度神道青年全国協議会・中央研修会を無事に納めることが出来、その慰労を兼ねた懇親会となりました。
いつも感じてはいますが、北陸4県の結束はとても力強いものであることが、この研修会を通じて再度確認されました。10年に1度の地区担当の中央研修会です。10年後は新潟県において開催されます。その時はメンバーもごっそり変わっているでしょうが、先輩方より引き継いだ高き精神を伝え、同じようにあってもらいたいです。
f0136366_9504817.jpg

f0136366_951326.jpg

 また、この開催期に事務局長の任にあったことは、本当にありがたいことです。度ごとに得難い体験をさせていただいていることに感謝しています。本来、中央研修会が平成22年度中に行われるはずでしたので、研修会終了後2年の会期の予定でしたが、未曾有の大震災を受けて延期され、まさかの事務局長を経験させていただきました。
 本当に3県の皆さんには感謝しております。長期にわたり、理事会や研修会の折に実行委員会を行って参りました。長い研修会議事の進行から解き放たれ、無事に納めることができた感激と相俟って、すばらしい懇親会となりましたこと、重ねて感謝申しあげます。
f0136366_953514.jpg

今後も北陸ならではの地域性を発揮し、一致団結して取り組めるようにと思っております。

『和歌』ひととせは 何だか夢の 心地して 過ぐるけふぞ 驚かれぬる

【藤島神社 宮司代務者 新田尚也】
[PR]
by fukuishinsei | 2012-06-13 09:45 | 活動の報告 | Comments(0)