ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

義捐金募金活動

 10月16日(日)午後六時より、福井県神道青年会の会員12名が、坂井市丸岡町に鎮座する國神神社の境内地において、災害復興支援の義捐金募金活動を行いました。前回7月12日の福井市内での義捐金募金活動は、あいにくの雨天で訪れる人も少なく満足な活動が叶わなかったことを受けての、今回の活動です。その願いが通じたのか、最後でにわか雨に遭い丁度良い区切りと活動を終えるまでは、雨に降られる事なく満足な活動が出来ました。また,当日は「丸岡祭」という事もあり、境内は露店が軒を連ね、多くの参拝者で溢れていました。f0136366_1574320.jpg

 我々は社務所前に募金箱を持って立つと共に、境内の入り口三箇所にも立ち、これまで当会が被災地を訪れて行った復興支援活動の様子をまとめた「かわら版」を配布もしました。またこの「かわら版」により、当会の活動を広く知っていただくと共に、納めて頂いた義捐金の目的を明確に伝えられたと思います。
 
 結果、國神神社に来られた多くの方々から多大な義捐金を頂くことが出来ました。震災から半年以上の月日が流れ、被災地の完全復興まで先が長い現状にもかかわらず、支援ムードは薄れつつあります。今回の活動を通して、被災地復興にはまだまだ時間が必要とされる現状を再認識して頂きつつ、当会の活動を多くの人にご理解頂いたと感じることが出来ました。
 福井県神道青年会は、今後とも変わることなく、被災地復興の支援活動を継続していきたいと考えております。
 最後に三上宮司をはじめ國神神社の方々や、快く義捐金を募金して頂いた多くの方々に心から感謝申し上
げ、皆様の尊い思いを被災地に届ける事を固く約束して、報告を終えたいと思います。

f0136366_221546.jpgf0136366_224738.jpg










【渉外広報委員 松村典尚】
[PR]
by fukuishinsei | 2011-10-22 18:19 | 活動の報告 | Comments(0)

神葬祭についての勉強会

 9月27日(火)午後6時半より、足羽神社の愛宕殿において、講師に木田神社宮司金岡正和先生、足羽神社宮司馬來田善敬先生を迎え、神葬祭についての勉強会を執り行いました。
f0136366_21505115.jpg

 県内での神葬祭は、そのほとんどが神職やその家族が亡くなるときに執り行われるにとどまっており、青年神職が神葬祭に関わることは極めて少ないのが現状です。講師の金岡先生からは、神葬祭の基本的な 流れと葬儀の現状についてご講義いただき、馬來田先生には、一般的な祭場設営を図を用いるなどして解説いただきました。
f0136366_2152519.jpg

f0136366_21522251.jpg

 今回の勉強会は、これまで喪家で行われてきた葬儀がセレモニーホールで行われるようになったことによる遷霊や殯(もがり)などの諸問題について、深く考えさせられる良い機会になりました。
 近年、葬式不要論や家族葬に関する書籍が多く出版される等、葬儀のあり方を捉え直そうとする風潮にありますが、そのような中で神道式の葬儀が、日本人の心落ち着く葬儀の一つとして選択肢に上がっているという声を聞きます。
 古くからの日本人の死生観を大切にしながら、現代に即した葬儀のかたちを示すことも今の神職に求められているのだと、講義を拝聴しながら強く 思いました。
f0136366_21525244.jpg

【劔神社 権禰宜 猪島丈意】
[PR]
by fukuishinsei | 2011-10-14 15:39 | 活動の報告 | Comments(1)