ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

禊練成会

2月15日(日)、福井県神社庁に於いて神道青年会恒例の禊練成会が行われました。会員10名が参加し、木田神社金岡宮司に道彦をお務めいただきました。会員は、それぞれ心身を鍛え、穢れを祓いやり、神明奉仕の糧とすべく一心不乱に冷たい水を幾度もかぶりました。
f0136366_1723694.jpg

禊とは、身体を洗いすすぐことで、身についた凶事や罪穢れを除去して清めることで、古事記の中で伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉国からお戻りになった際に、その穢れを祓う為に阿波岐原(あわぎはら)で禊祓えをしたことが神話的な起源とされます。祭祀に先立って行われる場合や、参拝の際に行われる場合もあります。穢れを祓うことのほかに、新しい霊魂を迎え入れたり付着させやすくする目的があるという説もあるそうです。県内の神社でも、禊を行っている所があり、一般の方の参加が年々増えているようです。興味のある方は一度参加されてみてはいかがでしょうか。
【渉外広報委員会 宮田卓】
[PR]
by fukuishinsei | 2009-02-16 13:02 | 活動の報告 | Comments(0)

 中曽根外相が11日、柳外交通商相とソウル市内で会談。共同記者会見で、柳外交通商相が金賢姫元北朝鮮工作員と拉致被害者田口八重子さんの家族との面会について、時期などを調整していることを明らかにした。
 ※家族と金元工作員双方が面会を希望し、日本政府も実現を要請していた。


◇田口八重子さん
 昭和53年6月に東京高田馬場のベビーホテルに3歳と1歳の幼児を預けたま ま拉致された。朝鮮語や政治の教育を受けた後、昭和56年7月から58年8 月まで大韓航空機爆破事件の犯人金賢姫の日本人化教育係を勤める。北朝鮮で は「李恩恵」と呼ばれ、昭和63年1月、金賢姫がソウルで行った記者会見に よってその存在があきらかになった。
 平成3年5月15日、埼玉県警が「李恩恵」は埼玉県出身の田口八重子さん と判明したと発表し、その5日後の5月20日から北京で開かれた第3回日朝 国交正常化交渉の日本側は「李恩恵」の消息調査を求めたが、
北朝鮮側は、
『身分盗用に利用する相手を物色していた工作員が「青島海岸まで行こう」と 田口さんを誘引した上で、昭和53年6月29日、青島海岸から田口さんを連れてきて、海州から入境。昭和59年10月19日に原さんと結婚。夫の死亡後、精神的な慰労のため元山に行って休息をとった後の帰宅途中、昭和61年7月30日、馬息嶺で軍部隊の車と衝突して死亡』
という経緯を説明してきた
 
家族会代表の飯塚繁雄さんは田口さんの実兄


◇金賢姫元北朝鮮工作員
 1987年の大韓航空機爆破事件の実行犯。
 田口さんが日本語を教えたとされる。
 
 
 16日からクリントン米国務長官の東アジア歴訪が始まる。北朝鮮の核廃棄を図るため6カ国協議での日米韓連携の維持、強化を確認するものと思われるが、日本政府には日本人拉致問題の解決に向けた動きも強めてもらいたい。


【渉外広報委員会 渡辺英朗】
[PR]
by fukuishinsei | 2009-02-11 22:00 | それ知っとこ! | Comments(0)

1月31日、「参議院議員 ありむら治子さんを囲む新年の集い」(於:福井ワシントンホテル)が行われました。神道政治連盟福井県本部青年行動隊の一員である当会の会員も、会場スタッフとして参加しました。午前8時30分より準備開始、ありむら先生は準備の段階から会場入りされ、スタッフひとりひとりに「お早うございます!有難うございます!」と言葉をかけられておられました。ありむら先生は、参議院比例代表(全47都道府県どこからでも個人名を書いて投票できる制度)選出の自由民主党所属の議員であり、平成19年夏の参院選において、神社関係者で組織する組織「神道政治連盟」の推薦を得て、2期目当選を果たされました。今回、福井県での国政報告開催の運びとなり、地元選出の衆議院議員・稲田朋美先生をはじめ県市町村議員や後援団体と支持者が集結、会場は満席となりました。来場者の方々はありむら先生のお話に熱心に耳を傾けていました。その後、会場の全員で唱歌「ふるさと」を合唱しました!
初当選より決してぶれることの無い「命の重み・家族の絆・国家の尊厳を守る」を活動の基本とし、確実にそれを実践に繋げてゆく政治家。真剣に日本の為に・・。私達神社界が真剣にありむら治子参議院議員を支援する理由をより多くの一般の方々に知っていただきたいと思います。
参議院議員 ありむら治子 ホームページwww.arimura.tv
f0136366_20583675.jpg

【山本 祥嗣】  
[PR]
by fukuishinsei | 2009-02-02 20:59 | 活動の報告 | Comments(0)

節分

2月3日、節分は立春の前日で、翌日より一陽来復して春となる季節の別れ目に当たります。
節分といえば「鬼はそとー、福はうち」…そうです、日本中で豆まきを行われますが、まく豆に地域性があることを知っていますか?「大豆」をまく地域と、「落花生」をまく地域があるそうです。全国的にみると「大豆」が主流ですが、「落花生」は千葉の八街、鹿児島、宮崎といった産地の他に、北海道、東北・長野といった豪雪・寒冷の地域に多いそうです。理由は拾いやすい(寒いから家の中でまくから)、皮があるから濡れないからだそうです(TV情報です)。節分だけに「マメ知識」…でした(ちなみにこれもTV情報です^_^;).
【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2009-02-02 18:55 | それ知っとこ! | Comments(0)