ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

 北朝鮮による拉致被害者、市川修一さん(失跡当時23才)の母・市川トミさんが11月15日、91歳で亡くなられた。
 修一さんは1978年8月、増元るみ子さんとともに鹿児島県・吹上町(現・日置市)の吹上浜で拉致され、北朝鮮側は2002年9月の日朝首脳会談で「死亡」を伝えた。今年新築した自宅には修一さんの部屋も造って、再会を待ち望んでおられただけに残念でならない。心よりお悔やみ申し上げるとともにご冥福をお祈りします。
 くしくも15日の夜には、「修一さんに会うまでは元気でいなければ」と健康に気を使い、息子の帰りを待ち続ける、父・平さん(93才)と母・トミさんに密着したドキュメント番組がNHKで放送され、放送日と亡くなられた日が同日という偶然に、感慨深く視聴した次第だ。
 斎場では「拉致問題の解決に全力で取り組む」との麻生太郎首相の弔電が読み上げられたそうだが、景気対策に大きなウェートが占められているのが現状。拉致被害者とその家族の高齢化を念頭に置いて、拉致被害者の一刻も早い帰国の実現に向けた積極的な対応を切に願い、自らも拉致問題解決に向けて、できることを実行していくことが重要だ。
 最近も中国人の観光中断や板門店の南北赤十字ホットラインの断絶など強硬姿勢を見せる北朝鮮だが、12月8日に6カ国協議が再開される見通しとなり、核問題の進展が拉致問題にもつながることを期待する。

【渉外広報委員 渡辺英朗】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-26 20:00 | それ知っとこ! | Comments(0)

f0136366_17322242.jpg

11月23日は、新嘗祭(にいなめさい)の日です。現在、「勤労感謝の日」として国民の祝日となっておりますが、本来は新嘗祭の日としての祭日でした。新嘗祭は、宮中で天皇が新穀を天地の神々に勧めて神を祀り、また自らも新穀を食して、その年の収穫を感謝する儀式です。そして、全国の神社でもその年の収穫を感謝する祭として神前に新穀が供えられ執り行われています。この「新嘗」という言葉の「嘗(なめ)」は「神の饗=かみのあえ」が変化した語であるといわれ、「新嘗」=「新穀をもって神々をもてなす」ことを意味します。食品問題が取沙汰されている中ではございますが、それでも私たち日本人は、恵まれた食生活を送っている気がいたします。目には見えない神々や自然への感謝、そして農家の方々、働いて家庭を支えている家族に感謝する日として、家族そろって新穀をいただきましょう。
【渉外広報委員会 猪島 丈意】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-23 17:33 | それ知っとこ! | Comments(0)

座談会を行いました!

11月8日、福井県護国神社社務所にて(同日同所に行われた役員会の前に)、座談会を行いました。参加者は榊原会長・馬来田副会長(教化委員長)・吉村副会長(事業委員長)・宮川渉外広報委員長・松田事務局長の5名。今期2年間を振り返り、会の運営、それぞれの委員会の活動について熱く語り合いました。座談会の模様は今年度の会報(来年4月1日発行予定)に掲載させて頂く予定です。乞うご期待!!

f0136366_14151086.jpg


【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-12 09:20 | 活動の報告 | Comments(0)

f0136366_9151929.jpg
11月8日、福井県護国神社において役員会が開かれました。この役員会は現執行部の任期が今年度で満了となる為、次期の会運営について協議するために行われたもので(14名の参加)、会長挨拶のあと議事に移り、次期会長人事について協議されました。榊原会長より推選をうけた宮川貴文会員(福井県護国神社禰宜)が満場一致の賛同を得て内定。宮川会員が「諸先輩方に恥じぬよう、来期2年間を自分の神青会活動の集大成として一生懸命頑張りたい」 と力強く挨拶しました。当会では来期大きな事業が予定されています。ご支援ご協力の程宜しくお願い致します。
f0136366_9154352.jpg

【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-12 09:16 | 活動の報告 | Comments(0)

11月2日、福井県護国神社にて秋季例祭が日差し穏やかな秋晴れの下厳かに斎行され、御英霊31,991柱の御霊をお慰め致しました。
 御神前には前日の新穀献上祭でお供えをされた、丹南ブロックの遺族連合会の方々より御奉納の、新米、野菜や果物がところ狭しとお供えされており、多くの実りに御英霊もさぞお喜びであったでしょう。当日は御遺族、ご関係各所の御代表方々が御参拝され、御英霊への哀悼、新穀の実りに感謝の念を捧げておられました。

 今の日本。御英霊が望まれた国へと成長を遂げてきたのでしょうか。見た目の豊かな暮らしの裏側で、日本人としての豊かな心が失われているのではないでしょうか。そのように思う時だからこそ、しっかりと顕彰と検証をしなければならないのでは。後世に伝える為に…。
御奉仕出来ました事に感謝申し上げます。

【事務局長 松田典起】
f0136366_16255680.jpg

[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-05 16:26 | 活動の報告 | Comments(0)

七五三参り

 今年七五三参りをされるご家族の皆様方、まずはおめでとうございます。
 日本では、三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、七歳の女の子が十一月吉日に神社に参拝をしています。
 千歳飴の入った袋をしっかりと握りしめているその姿は勇ましく、ついこの間まで赤ちゃんだったことを懐かしくさえ感じさせてくれます。
 どうか近くの産土神にお参りをして頂きながらここまで無事に健やかな成長したことに感謝の思いとともに、これからもお子様が若竹のように長くすくすくと育っていくようにお祈りください。
                   【渉外広報委員  杉坂 眞】

f0136366_12471672.jpg

[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-05 12:54 | Comments(0)

今日は文化の日です

f0136366_9202668.jpg

11月3日は明治天皇のお誕生日であることから、戦前は明治節という祝日に定められた日であり、また昭和21年に日本国憲法が公布された日でもあります。近代文化が目覚しい発展をとげた明治の時代を念頭に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日として昭和23年、文化の日に定められました。現在では、皇居において文化勲章の授与式が行われています。
~祝日には国旗を掲げて、お祝いしましょう~

【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-11-03 09:25 | それ知っとこ! | Comments(0)