ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

明日は「昭和の日」です

f0136366_127482.jpg

明日4月29日は「昭和の日」です。
この日は昭和天皇の御誕生日であり、昭和の時代には「天皇誕生日」、昭和天皇が崩御され、年号が平成に改まってからは名称が「みどりの日」となり国民の祝日に加えられました。
しかし「昭和」という激動の時代を顧みるにふさわしい名称をと望む多くの国民の声に応え、平成17年に祝日法が改正され、19年より「昭和の日」が実施されています。
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」これが法に定められた昭和の日の意義です。
御身を顧みず下された終戦の御聖断、戦後の「全国御巡幸」など、昭和天皇の御事績もあわせて語り継いでいかなくてはなりません。

明日全国の神社では「昭和祭」が斎行されます。
~祝日には国旗を掲げましょう~

【渉外広報委員会  宮田京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-04-28 12:08 | 主張 | Comments(0)

4月18日(金)午後7時より、福井県護国神社に於きまして第62回神宮式年遷宮募財活動に関する勉強会が行われました。昨年11月に伊勢神宮式年遷宮奉賛会福井県本部が設立され、募財活動における募財計画、募財事務取扱について福井県神社庁佐々木主事より御教授頂きました。神宮の式年遷宮は持統天皇4年(690年)に第一回目が行われて以来、戦国時代に一時中絶を余儀なくされた時期はあったものの、先の大東亜戦争敗戦という未曾有の国難にあっても途絶える事無く、1300年以上もの長きにわたり、先人達によって受け継がれ、今回平成25年(2013年)10月に62回目を迎えようとしています。この伝統を守り、そしてさらに次回の63回、次々回の64回・・・と我が国固有の伝統文化を次世代へと連綿と受継ぐべく、我々神道青年会会員一人一人が、未来への仲執持となり、教養を深め、お一人でも多くの皆様方より真心の御奉賛を賜りますよう、募財活動に取組んでいきます。

【位坂 伸昌】

f0136366_17443347.jpg

[PR]
by fukuishinsei | 2008-04-25 18:12 | 活動のお知らせ | Comments(0)

主権回復記念日

f0136366_10153944.jpg

来る4月28日は主権回復記念日です。
昭和27年にサンフランシスコ講話条約発効により、日本が占領政策より開放された歴史的意義深い日です。

昭和天皇は、独立が回復された頃に「風さゆる み冬は過ぎて 待ちに待ちし 八重桜咲く 春となりけり」と詠まれました。本当に待ちに待った独立の回復であったことが解ると思います。

連日報道されているチベットのように、独立したくてもそれを果たせず苦しんでいる国もあることを思えば、これほど有難いことはありません。

翌29日の「昭和の日」とあわせ、国旗を掲げ、日本国の繁栄を祈りましょう!

また、当会では28日に国旗掲揚を呼びかける街宣活動を福井市内で行う予定です。

【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-04-24 13:23 | それ知っとこ! | Comments(0)

互礼会in金崎宮

f0136366_22401778.jpg
 4月8日、敦賀市の金崎宮社務所をお借りして互礼会が開催された。
 榊原会長他会員15名が出席。会長の所信表明に続き、各委員長から活動方針が発表され、平成20年度の方向性が示された。f0136366_22395970.jpg
 花見に移り、金崎宮の田村宮司様から身の引き締まる激励のご挨拶を頂戴した後、乾杯。地元敦賀から福本元会長がお友達と一緒に駆けつけて下さり盛大な宴となった。ライトアップされた満開の桜を愛でながら料理と酒を堪能し、日ごろ抱いている思いを熱く語り合い、直に情報交換も行える大変有意義な互礼会であった。f0136366_22543282.jpg
 金崎宮では毎年、桜の開花に合わせて花換祭(若い男女が桜の小枝を交換し、思いを伝えるロマンティクなお祭り)が開催されており、境内は夜遅くまで花見客で賑わっていた。
[PR]
by fukuishinsei | 2008-04-10 23:04 | 活動の報告 | Comments(0)