福井県神道青年会

ブログトップ

カテゴリ:主張( 8 )

睦月神事

平成23年2月1日~2月13日までの13日間、国の無形文化財でもある睦月神事が4年に一度の年に当たり盛大に斉行されました。
 此の神事は、天下泰平・国土安隠・五穀豊穣を祈願するもので1日に神様が12日間練習する睦月神事会館に御輿で巡幸しそこに12日間とどまり練習するときも必ず毎日お祀りしてから練習が始まり終わるとみんなで集まり直会をし、本日まで必ず誰かが睦月神事会館に寝泊まりします。
f0136366_20445027.jpg

 このお祀りをやるにはやはり村の結束が一番大事で子供から大人までみんながお祀りを成功させようという気持ちが一つになり本日には盛大なお祀りができました。
 やはり800年の間とぎれずに続いた事は氏子さんの多大なる伝統を守ろうと思う気持ちが無いと続いてこない物でありこれからも絶やしてはいけない物だと感じました。
 全てのお祀りにいえることだとおもいますが、やはりこれから伝統や文化を継承して行くには、氏子さんと神主がお互いに勉強し合いお祀りの意義を理解して若い人たちにもなるべく地元にとどまるように住みやすい村づくりに取り組みたいと思います。
f0136366_2045445.jpg
f0136366_20455375.jpg

【渉外広報委員 廣部賀紀】
[PR]
by fukuishinsei | 2011-06-16 13:40 | 主張 | Comments(0)

東北太平洋沿岸大地震お見舞い

急啓 東北・関東をはじめ日本各地に甚大な被害をもたらす地震と津波が起こり、報道により事態を知るにつれこれまでにない驚きを抱き、被災地の方々を心配しております。
福井神青といたしましては、向後、何かお役に立てることがあれば、出来る限りの手助けをしたいと思う所存でございます。
一刻も早い復旧を心より祈念しつつ、先ずは取り急ぎお見舞い申し上げます。
[PR]
by fukuishinsei | 2011-03-11 20:59 | 主張 | Comments(0)

奉祝、天皇陛下御即位二十年

f0136366_12164764.jpg

天皇陛下の御即位二十年を祝し、心よりお慶び申し上げます。

併せて、変わらぬご健在をお祈り申し上げます。
また、福井県におきまして、12日、13日の間
福井市(市役所、美山総合支所、清水総合支所、越廼公民館)敦賀市(市役所)小浜市(市役所)大野市(市役所)勝山市(市役所)鯖江市(市役所)あわら市(市役所、市保健センター内市民生活課芦原分室)越前市(市役所、今立総合支所)坂井市(市役所、三国総合支所、丸岡総合支所、春江総合支所)越前町(役場)
の県内の21ヶ所で記帳所が設けられております。
[PR]
by fukuishinsei | 2009-11-12 12:16 | 主張 | Comments(0)

明日は「昭和の日」です

f0136366_127482.jpg

明日4月29日は「昭和の日」です。
この日は昭和天皇の御誕生日であり、昭和の時代には「天皇誕生日」、昭和天皇が崩御され、年号が平成に改まってからは名称が「みどりの日」となり国民の祝日に加えられました。
しかし「昭和」という激動の時代を顧みるにふさわしい名称をと望む多くの国民の声に応え、平成17年に祝日法が改正され、19年より「昭和の日」が実施されています。
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」これが法に定められた昭和の日の意義です。
御身を顧みず下された終戦の御聖断、戦後の「全国御巡幸」など、昭和天皇の御事績もあわせて語り継いでいかなくてはなりません。

明日全国の神社では「昭和祭」が斎行されます。
~祝日には国旗を掲げましょう~

【渉外広報委員会  宮田京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-04-28 12:08 | 主張 | Comments(0)

蛍の光

卒業式シーズンの真っ只中ですが、卒業式でうたわれる歌といえば、どんな歌を思い浮かべますか?
数ある卒業式ソングの中でも「蛍の光」は有名な歌だと思います。
この「蛍の光」が実は4番まで歌詞があることをご存知でしょうか。
先日研修の折に参議院議員の有村治子さんにお教えいただきましたので、ご紹介致します。

1
蛍の光、窓の雪、
書読む月日、重ねつつ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く。

2
止まるも行くも、限りとて、
互いに思う、千萬の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり。

3
筑紫の極み、陸の奥、
海山遠く、隔つとも、
その眞心は、隔て無く、
一つに尽くせ、国の為。

4
千島の奥も、沖縄も、
八洲の内の、守りなり、
至らん国に、勲しく、
努めよ我が背、恙無く。

この「蛍の光は」は小学唱歌集初編(明治14年11月24日発刊)に掲載されたものです。
特に3番、4番は初めてお知りになった方もいらっしゃると思います。

そのなかでは日本の固有の国土についてもふれられています。現在は千島列島のうち北千島はロシア領土とされ、さらには身近な南千島(国後島・択捉島)、色丹島、歯舞諸島まで不法に占拠されている状態です。
「蛍の光」 は先人たちの国土に対する思いが託された歌なのです。
【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-03-25 15:27 | 主張 | Comments(0)

「日本人らしく楽しけれ・・・」紀元祭を奉仕して思うこと


2月11日は紀元節。四方節・紀元節・明治節・天長節と嘗ての祝日であった「四大節」のひとつにあたります。紀元節とは、神武天皇の即位日として定めた祝日であり、宮中では紀元節祭が厳粛に祭祀が執り行われ、全国各地の神社でも紀元祭あるいは建国記念祭として祭儀が斎行されました。
県内の神社でも紀元を祝う祭が盛大に行われているところがあり、書き手である私の奉職先の神社でも毎年紀元祭が斎行されています。祭儀の終盤、紀元節の歌を参列者皆様方とともに唱和致します。1年に一回しか唄わない紀元節の歌、恥かくまいとインターネットで紀元節の歌をダウンロードし予習をしていた時、70歳くらいの職員の方が、「ワシらの小さい頃は、紀元節の歌をよく唄った。紀元節になると小学校でモーニングを着た校長先生が奉安殿から教育勅語をもってきて読み上げ、男の先生も女の先生も一張羅(いっちょうら)(晴れ着)を召して式典に参加したもんだ。式が終わって先生から御祝いの紅白まんじゅうを貰ってけっこううれしかったですよ・・。」と、当時の頃の思い出を語っておられました。
紀元節が昭和41年に「建国記念の日」と定められてから現在、日本中どこを探しても当時のように教育勅語を読み上げる姿はほとんどなく、国旗を掲げない国歌を唄わない、2月11日が何の日なのか分らない人も少なくはないと思います。
日本の伝統文化の良いところと良い心を段々と失くしてしまっている今、そんな日本人はとても弱くて脆い体質になっているように感じます。我々はこれまでの日本の良いところを思い返す必要があるのではないでしょうか。
今問題になっている餃子中毒の事件でも同じですが、毒が混ざっているかどうかわからない出来上がったどこかの冷凍された餃子よりも、自分の家庭で作った餃子は美味しくて安心だと思います。他に頼り過ぎている今こそ、本当に自分の国のイイところを見つめ直して、日本らしさを取り戻すべきだと思います。すぐには難しそうですが、神棚に手を合わせたり、祝日には国旗を掲げたり、先ずは日本らしいを身近なところから・・・。

~紀元節の歌~
♪雲にそびゆる高千穂の 高嶺おろしに草も木も
♪なびき伏しけん大御世を 仰ぐけふこそ楽しけれ
http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/band/midi/kigensetsu.html

 【山本 祥嗣】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-02-12 00:15 | 主張 | Comments(0)

はじめての「昭和の日」

f0136366_13204970.jpg

明日4月29日は「昭和の日」です。
この日は昭和天皇の御誕生日であり、昭和の時代には「天皇誕生日」、昭和天皇が崩御され、年号が平成に改まってからは名称が「みどりの日」となり国民の祝日に加えられました。

しかし「昭和」という激動の時代を顧みるにふさわしい名称をと望む多くの国民の声に応え、平成17年に祝日法が改正され、本年より「昭和の日」が実施されます。

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」これが法に定められた昭和の日の意義です。

御身を顧みず下された終戦の御聖断、戦後の「全国御巡幸」など、昭和天皇のご事績もあわせて語り継がなくてはなりません。

激動の昭和の時代、昭和天皇の御聖徳をいつまでも忘れずに…

明日全国の神社では「昭和祭」が斎行されます。


【渉外広報委員会  宮田京】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-04-28 13:26 | 主張 | Comments(0)

主権回復記念日

f0136366_1849276.jpg

明日4月28日は昭和27年にサンフランシスコ講話条約が発効し、私たちの国が占領政策より開放された歴史的意義のある日です。


昭和天皇は、独立が回復された頃に
「風さゆる み冬は過ぎて 待ちに待ちし 八重桜咲く 春となりけり」
と詠まれました。
本当に待ちに待った独立の回復であったことが解ると思います。


日本人が「平和ボケ」と言われ、久しい月日が経っています。
独立していることが当たり前のように感じている方も多いでしょう。
しかし、この独立国家としての体制を維持するには、大変な苦労と覚悟が必要です。


この独立を回復した記念すべき4月28日。
翌、29日の『昭和の日』とあわせ、高々と国旗を掲げ独立国家である私たちの国の繁栄を祈りましょう!


【渉外広報委員長 宮川】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-04-27 18:49 | 主張 | Comments(0)