ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

カテゴリ:活動の報告( 177 )

北陸神青協 研修会


7月2日・3日富山観光ホテルに於いて、富山県神道青年会主管により、平成20年度の北陸神道青年協議会研修会に会員6名が参加しました。主題の『祖先の叡智に学ぶ』に沿った講義を講師先生方より見識高いご講演をいただき、大変有意義な研修会となりました。
(講演講師)上野幸夫先生(職藝大学教授)・鈴木景二先生(富山大学教授)・中川八洋先生(筑波大学名誉教授)
富山神青協のみなさんには大変お世話になりました。ありがとうございました!!
【江熊 浩司】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-07-15 13:12 | 活動の報告 | Comments(0)

 本日、自民党青年局の全国一斉街頭演説に合わせ、福井県でもラブリーパートナーエルパさんの西出入り口を中心に「拉致問題早期解決の署名活動」が行われた。
 福井県選出の国会議員の先生方や小浜から地村保さんも駆けつけて下さり、福井神青からは榊原会長をはじめ宮川・広部・坪田・渡辺が参加。
 雨が降りしきる中、大勢の方が足を止めて署名して下さったが、素通りする人がほとんで、時が流れるにつれて拉致問題への関心が薄れていっていることを痛感した。
 最近、ニュースで話題になっている「アメリカが北朝鮮のテロ支援国家の指定を解除」する動きだが、背景には韓国大統領の交代で北朝鮮への締め付けが厳しくなり、資金調達が困難になってきた北朝鮮、残りわずかとなったブッシュ政権が何か業績を残しておきたいという思惑が合致し、核兵器について何も記載されていない報告書と原子炉に付属した排気筒の爆破だけで「北朝鮮のテロ支援国家指定解除」へ向けた作業が進められているものと推測できる。
 拉致問題ついても再調査を提案してきたが、金正日の思惑に屈することなく、『拉致問題の全面解決』なくして「テロ支援国家の指定解除」は有り得ないという声を上げていかなければならない。f0136366_051570.jpg
f0136366_0224085.jpg






渉外・広報委員
渡辺 英朗(拉致問題担当)
[PR]
by fukuishinsei | 2008-06-29 21:15 | 活動の報告 | Comments(0)

御祖祭(みおやまつり)

6月25日(水)福井刑務所に於いて会員9名と福井雅楽会のご協力を得て、当会恒例事業の1つ「御祖祭」を斎行致しました。                                         我々は、なかとりもちとして入所者の方々の心を清め、それぞれの郷土の神様と心の通じ合いを御助けすることで、自己の行いに反省され、定められた努めを終えられ清らかな心で社会の復帰されるともに、1日も早いご家族との再開をご祈念申し上げました。


f0136366_1846911.jpg

【渉外広報委員会 宮田卓】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-06-27 18:34 | 活動の報告 | Comments(0)

昨日、「神主さんの伊勢街道参宮団~全国の・こころ・を絵馬に託して~」に参加させていただきました。
この事業は全国各地よりお預かりした1万枚以上の絵馬を携え、伊勢街道(四日市~伊勢神宮間約80キロ、江戸時代「おかげまいり」と称して伊勢神宮へおまいりする人たちで大変な賑わいをみせた)を歩いて参拝し、奉納しようというもので、全国からたくさんの青年神職が集まり5月26日~28日の3日間にわたり行われます。

1日目、本県から宮川、宮田京の2名が参加し、日永の追分(四日市)から津市の三重県護国神社間(約27キロ)を歩きました。皆そろいの法被に菅笠をかぶり、かって伊勢参りの必需品であった柄杓(ひしゃく)と絵馬をもち午前九時ごろ出発。往時を偲ばせる街道沿いの道しるべ、常夜燈、所々に残る古い町並み等を横目にみながら、歩きました。
f0136366_11304082.jpg

f0136366_1132552.jpg

おかげさまで天候に恵まれ、気持ちよく歩かせていただきましたが、さすがに後半は足が棒になりました…午後五時頃到着。やっぱりつかれました。
f0136366_11322782.jpg

【渉外広報委員 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-05-27 11:34 | 活動の報告 | Comments(0)

互礼会in金崎宮

f0136366_22401778.jpg
 4月8日、敦賀市の金崎宮社務所をお借りして互礼会が開催された。
 榊原会長他会員15名が出席。会長の所信表明に続き、各委員長から活動方針が発表され、平成20年度の方向性が示された。f0136366_22395970.jpg
 花見に移り、金崎宮の田村宮司様から身の引き締まる激励のご挨拶を頂戴した後、乾杯。地元敦賀から福本元会長がお友達と一緒に駆けつけて下さり盛大な宴となった。ライトアップされた満開の桜を愛でながら料理と酒を堪能し、日ごろ抱いている思いを熱く語り合い、直に情報交換も行える大変有意義な互礼会であった。f0136366_22543282.jpg
 金崎宮では毎年、桜の開花に合わせて花換祭(若い男女が桜の小枝を交換し、思いを伝えるロマンティクなお祭り)が開催されており、境内は夜遅くまで花見客で賑わっていた。
[PR]
by fukuishinsei | 2008-04-10 23:04 | 活動の報告 | Comments(0)

f0136366_0412368.jpg
 2月23日(土)午後7時、福井県神社庁において、恒例の初任神職研修受講生と福井県神道青年会員との親睦会が開催された。今年は、宮川庁長・金岡宮司・馬来田宮司のご出席を賜り、受講生6名、神青会員8名が参加。一人ずつ自己紹介を行った後、酒を酌み交わしながら、意見交換や神青会のf0136366_0424376.jpg
魅力を積極的にアピール。熱く語り合う中にも和やかで有意義な親睦会となった。 
 
f0136366_045572.jpg

 
 
 翌24日(日)、早朝6時30分より禊練成会。気温-2℃、粉雪が舞い、松田事務局長が精魂込めて新たに作った水槽には薄氷が張る過酷な条件
f0136366_0493091.jpgにも関わらず、木田神社の金岡宮司が道彦を務められ、受講生6名と神青会員12名が威勢よく外に駆け出した。凍てつく寒さを吹き飛ばすが如く、力強くそして声高らかに鳥船行事を行い、一斉に水をかぶる。禊場には湯気が立ち込め、日ごろの罪穢や邪念を全て振り払い、清らかな身体に生まれ変わった神職の姿がそこにはあった。


【渉外広報委員 渡辺英朗】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-02-27 22:36 | 活動の報告 | Comments(0)

髙橋会員よりご投稿を頂きましたので掲載させていただきます。

12月23日(日)午後1時より、福井市民福祉会館におきまして天皇陛下御誕生日奉祝大会を奉祝芸能祭第1部、奉祝式典、奉祝芸能祭第2部、ビンゴゲーム大会の構成で開催致しました。
ご参加されました500名の皆様によって、今上陛下御宝算満74歳の御誕生日をお祝い致しました。
当日例年の天候は時雨または雪模様ですが、今年は曇り空となり多数の参加を期待しておりましたが、福井市長選と重なり、例年よりやや少なめな人数でした。
また、参加者が段々と高齢化しておりますので、今後若手の参加を呼びかけていきたいと思いました。
最後に、時節柄ご多忙にもかかわらず大会にお手伝いいただきました神青会員の皆様、ありがとうございました。(髙橋次郎)

髙橋会員は、主催者側の立場で携わっていらしたので、いろいろとご苦労があったことと思います。大変おつかれさまでした。
【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-12-29 12:21 | 活動の報告 | Comments(0)

神宮大麻戸別頒布活動

f0136366_1352266.jpg12月2日、福井市本堂町桜ヶ丘団地にて神宮大麻戸別頒布活動を行いました。

本活動には神宮大麻頒布モデル支部である福井支部管内の神職を中心に、神社庁・本堂の総代さん・神青会より計20名が従事致しました。

また当日は留守宅も少なく、昨年より多くのご家庭が神宮大麻をお受け頂いた事をご報告致します。
【松田 典起】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-12-20 13:04 | 活動の報告 | Comments(0)

10月26、27日、藤島神社にて、新田義貞公御殉節670年本殿遷座祭、本殿遷座奉幣祭が厳粛に斎行されました。
26日の本殿遷座祭は大変良い天気に恵まれ、奉賛会役員、崇敬者の皆様等多くの方々が御参列されました。遷御の際は全ての明かりが消され、松明と陰灯の明かりをたよりに厳かに御神体を奉安されました。
翌27日の本殿遷座奉幣祭はあいにくの雨模様ではございましたが、天皇陛下よりの御幣物を、また神社本庁より本庁幣奉り、恙無く斎行されました。また、式の中では、舞楽「賀殿」、女人舞楽「平安の舞」が奉納演舞され、奉幣祭に華を添えました。
「遷座祭」とは、御祭神の御霊代を常の座所である本殿から仮殿あるいは権殿へ、逆に仮殿あるいは権殿から本殿へ遷し奉る祭儀です。「遷座祭」の本義は、時を定めて祭神鎮座の社殿や調度を新たにして、一段とその神威の輝きを拝し奉ろうとするところにあり、御霊代の動座を主眼とした祭儀であることから、古来これを行う神社にあっては、最も重要な祭儀とされています。
このようなお祭を御奉仕させて頂く機会に恵まれましたことは、一神職として非常に光栄なことであり、感謝致しております。改めまして、今回は誠におめでとうございました。
【吉田 武美】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-11-27 14:40 | 活動の報告 | Comments(0)

あすわさんの稚児行列

11月3日(金)、継体天皇御即位1500年奉祝記念大祭に併せた稚児行列が足羽神社で行われました。朝10時に三段広場を出発し、まずは継体天皇石像にご挨拶。その後、足羽神社まで約1kmの道のりでしたが、約500人の稚児と、付添いの家族をあわせて2,000人以上の大行列となり、先頭がゴールの足羽神社に着いても、最後尾はまだスタート地点で待っていたようです。待ち時間の間に、疲れて眠ってしまう子や泣き出してしまう子もいたようですが、当日は天候にも恵まれ、金色の冠をかぶり、赤や紫等、きらびやかな稚児衣装を身に付けた子どもたちが、お父さんやお母さんたちと一緒に、約1時間かけて、元気に足羽山を練り歩きました。
また、2,000人以上の大行列にもかかわらず、混乱なく無事に終了したことは、足羽神社氏子青年会の方々や関係各位のご尽力の賜物ではないでしょうか。
稚児行列に参加された「お稚児さん」の健やかな成長をお祈りいたします。
f0136366_14472288.jpg

   ↑出発して、まずは継体天皇石像にご挨拶。
f0136366_14464987.jpg

↑宮司のお祓いを受けて、拝殿の中でお参りしました。
f0136366_1447580.jpg

     ↑皆様、お疲れ様でした。
【馬来田 善資】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-11-14 12:21 | 活動の報告 | Comments(0)