ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

蛍の光

卒業式シーズンの真っ只中ですが、卒業式でうたわれる歌といえば、どんな歌を思い浮かべますか?
数ある卒業式ソングの中でも「蛍の光」は有名な歌だと思います。
この「蛍の光」が実は4番まで歌詞があることをご存知でしょうか。
先日研修の折に参議院議員の有村治子さんにお教えいただきましたので、ご紹介致します。

1
蛍の光、窓の雪、
書読む月日、重ねつつ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く。

2
止まるも行くも、限りとて、
互いに思う、千萬の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり。

3
筑紫の極み、陸の奥、
海山遠く、隔つとも、
その眞心は、隔て無く、
一つに尽くせ、国の為。

4
千島の奥も、沖縄も、
八洲の内の、守りなり、
至らん国に、勲しく、
努めよ我が背、恙無く。

この「蛍の光は」は小学唱歌集初編(明治14年11月24日発刊)に掲載されたものです。
特に3番、4番は初めてお知りになった方もいらっしゃると思います。

そのなかでは日本の固有の国土についてもふれられています。現在は千島列島のうち北千島はロシア領土とされ、さらには身近な南千島(国後島・択捉島)、色丹島、歯舞諸島まで不法に占拠されている状態です。
「蛍の光」 は先人たちの国土に対する思いが託された歌なのです。
【渉外広報委員会 宮田 京】
[PR]
by fukuishinsei | 2008-03-25 15:27 | 主張 | Comments(0)