ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

夏越の大祓

『水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶというなり』             写真提供:足羽神社
f0136366_21504575.jpg
大祓・・・
 日々の生活で知らず知らずのうちに犯した罪や過ち、心身の穢(けがれ)を祓い清める神事が「大祓(おおはらい)」です。 毎年6月と12月の末日に行われ、6月の大祓を「夏越(なごし)の大祓」、12月の大祓を「年越の大祓」といいます。 古くから宮中で行われてきた行事で、平安時代中期の「延喜式(えんぎしき)」にも記されています。中世以降、全国の神社に普及し、神社の年中行事の1つとして行われるようになりました。
                                            
茅の輪・・・
 「茅の輪(ちのわ)」は茅(かや)や葦(あし)で作られた大きな輪で、神社の参道や社殿などに設置されます。冒頭の古歌「水無月の・・・」を唱えながら、左回り・右回り・左回りと、8の宇を描くように3度くぐり抜けることで罪穢(つみけがれ)や疫病を祓います。
 その昔、蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」と教わり、その通りにしたところ、疫病から免れることができたという故事が「茅の輪くぐり」の起源とされています。

人形・・・
f0136366_23202095.gif
 人間の形に切り抜いた白い紙を「人形(ひとがた)」と呼びます。この人形に名前と年齢を書き、息を吹きかけ、身体をなで、罪穢や病気をうつし自分の身代わりとします。祓い清めた後、川や海などに流し、無病息災を祈ります。

水無月・・・
f0136366_22111944.jpg
 「水無月(みなづき)」は「水の無い月」ということではなく、神無月と同じように「無(な)」が「の」にあたる連体助詞なので、「水の月」となり、陰暦の6月は、田に水を引く月であったことから「水無月」になったといわれています。
 また、「水無月」というと、白い外郎(ういろう)の上に小豆がのった、三角形の和菓子を思い浮かべますが、小豆には魔除の力があり、三角形の外郎は暑気をはらう氷を表しているそうです。

 
 「夏越の大祓」は罪穢を祓うだけでなく、半年間の自分を振り返り、気持ちを切りかえて残りの半年間を過ごすよい機会でもあります。本日、気象庁の3カ月予報(7月~9月)が発表されましたが、全国的に気温は平年並みか高く、夏らしい暑い夏になるそうです。まもなくやってくる暑い夏を清々しい気持ちで乗り切れるよう、~無病息災・家内安全~ご家族そろって「夏越の大祓」に参列されてみてはいかがでしょうか・・・
                                       【渉外広報委員会 渡辺 英朗】
[PR]
by fukuishinsei | 2007-06-25 23:10 | それ知っとこ! | Comments(0)