ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

歴史勉強会 そうだったのか!「明治維新」

 1120()、午後6時半より福井市のアオッサの研修室において、福井市立郷土歴史博物館館長・氣比神社宮司の角鹿尚計氏を講師に迎え、勉強会を開催しました。勉強会には、当会の元会長で相談役の宮川貴文先輩をはじめ(桑原・松村・杉坂・斎藤・宮田京・西尾・山本・位坂・伊藤・角鹿)現会員のご参加に加え、当会参与(神青を卒業された歴代会長経験者)の榊原茂樹先輩も急遽ご来駕いただきました。


f0136366_17103981.jpg

 「そうだったのか!明治維新」という題目で、明治維新を神道人の立場、また、郷土歴史や偉人についてご講義を受けました。
 来年はいよいよ明治維新150周年の記念の年であり、福井県からも福井藩藩主・松平春嶽や福井藩藩士・橋本左内、また、五箇条の御誓文の草案となった「議事之体大意」の作成や東京府知事にもなった由利公正といった偉人が活躍し、日本の近代化の基礎を作っています。福井県民にとっても来年の明治維新150周年を記念するとともに、福井国体も開催されることから多くの行事等も予定されています。


f0136366_17105854.jpg

 明治維新は先人が欧米列強から我が国を守るため、天皇を中心とした近代的国家形成のために行われた変革であり、現代日本の基礎となっています。もちろん、神社に関しても多くの改革が行われた時代であり、私たち神職も無関係ではありません。そこで、この節目に際して、改めて明治維新とは何かということを神道人の立場、郷土の歴史偉人の観点から学びました。

現代の 礎築く 先人の 明治維新を 偲びて学ぶ

【教化研修委員会 幹事 角鹿尚文】


[PR]
by fukuishinsei | 2017-12-04 17:13 | 活動の報告 | Comments(0)