ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

福井県護国神社春季例祭

4月13日金曜日、平成24年福井県護国神社春季例祭ならびに御鎮座70周年祭が催行されました。

当日は春の穏やかな気候のもと、宮川宮司以下市内神社奉仕神職並びに献幣使として畠山福井県神社庁副庁長と随員高橋録事奉仕により、厳かなる神事が執り行われました。また、祭事の中では浦安の舞も奉納され、厳粛なる雰囲気の中に華を添えていました。
今回祭員として奉仕させて頂き、ご遺族の方々の玉串を手向けご神前に拝礼する姿が大変印象に残りました。戦争という不幸な時代の中において、大切な身内が命を落とさなければならなかった事実を受け止めることに、ご遺族の方々は並々ならぬ心の葛藤がおありだったのでは… など様々な思いが私の頭の中をよぎり、改めて平和な今日を享受できることの有難さを痛感いたしました。
f0136366_12464252.jpg

因みにこの日の午前、北朝鮮より人工衛星と称するミサイルが発射されました。東シナ海から南西諸島、フィリピン付近に被害が及ぶことが懸念されましたが、結果は発射後すぐに空中分解。
自国の国民の窮状を差し置いてこうした行動に出る北朝鮮や、情報収集能力等、国防の脆弱さを露呈してしまった日本政府。こうした現状を果たして護国神社のご祭神は、どのようなお気持ちでご覧になっているのでしょうか。

『和歌』 波立たぬ 穏やかな世を 願いつつ 護国の神よ 永久に鎮まん

【佐佳枝廼社 権禰宜 尾崎篤史】
[PR]
by fukuishinsei | 2012-04-18 20:52 | 活動の報告 | Comments(0)