ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

平成23年度 神道青年全国協議会 中央研修会

平成24年3月22日・23日の二日間に亘り、福井の地で「平成23年度 神道青年全国協議会 中央研修会」が開催されました。
主催:神道青年全国協議会、主管:北陸神道青年協議会、担当:福井県神道青年会

昨年の3月11日に発生した東日本大震災の影響で延期となり、1年遅れの開催となりましたが、北陸神青の松本会長と福井神青の吉田会長を中心に再度準備を進め、ホテルフジタ福井を会場に全国各地より青年神職約330名を迎え、盛大に開催されました。

研修会の主題は『立志』~一人ひとりが、今、なすべきことの道標として~。
幕末期に活躍した福井藩士・橋本左内先生の「啓発禄」に鑑み、激動の時代をどう生き抜き、国難を乗り越え、青年神職としてどのように役割を果たすべきかを見出すべく、著名な講師陣をお迎えし、真剣に学び合いました。
f0136366_11341750.jpg
第1講は杏林大学名誉教授の田久保忠衛先生が「激動する国際情勢と日本」と題して、
f0136366_11345437.jpg
第2講は(株)独立総合研究所 代表取締役社長兼主席研究員の青山繁晴先生が「二千年国家の新生」と題して、
f0136366_1136826.jpg
第3講では産経新聞東京本社 編集局政治部記者の阿比留瑠比先生が「永田町から日本の未来を憂ふ」と題して、ご講演頂きました。

初日の夜には、北陸4県の神社庁長様をはじめ多くのご来賓ご臨席のもと、盛大に懇親会が開催されました。北陸の旬の食材を用いた料理や北陸の銘酒を取り揃えておもてなしをし、清興ではカニの早ムキで有名な「ムキムキみっちゃん」が越前ガニ100パイとともに登場。早ムキの妙技を披露して頂き、おいしいカニを皆さんに堪能して頂きました。また、「大杯祭り」では大野神青協会長をはじめ多くの地区・単位会の会長が登壇し、大杯に注がれた日本酒を飲み干すことで、神青魂を継承し合いました。

閉講式後のお見送りの際には、多くの方から「すばらしい研修会だった」とお褒めの言葉を頂戴しました。北陸神青・福井神青が一丸となって取り組み、真心込めておもてなしをした成果であるとともに、ホッと一息つきたいところではありますが、貴重な経験を活かし、日々の神明奉仕、神青会の活動に邁進して行きたいと思います。
f0136366_11363980.jpg

【渉外広報委員会:渡辺英朗】
[PR]
by fukuishinsei | 2012-03-28 10:51 | 活動の報告 | Comments(0)