ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

福井県神道青年会 東日本大震災復興祈願祭

 東日本大震災から一年を迎えた3月11日。午後7時より、福井県神道青年会東日本大震災復興祈願祭を安波賀春日神社にて執り行いました。
f0136366_1546223.jpg

 福井市は周知の通り、昭和20年の福井空襲や昭和23年の福井地震・水害などの度重なる災禍に見舞われながらも、立派に復興を遂げてきた歴史を持っています。近くは激甚災害に指定された平成16年7月の福井豪雨によって被災し、春日神社の鎮座する一乗谷地区などはとりわけ大きな被害を蒙りました。
 
 幸いにも神社は軽微な被害で済んだものの、氏子区域の多くが床上浸水し、土砂崩れの多発や長期間に亘り鉄道が不通になるなど、甚大な影響がこの水害によって齎されました。
 
 しかし、全国各地からの支援により今日では完全に復興し、近隣の一乗谷朝倉氏史跡や一乗滝には多くの観光客が訪れるようにまでなりました。

 会員有志は、こうした経緯を持つ土地に鎮座する春日神社こそ、今回の震災復興を祈念する斎場として大変有意義であると考え、当日の社務が終わり次第集合。吉田会長が斎主を務め、祭員・伶人・参列者の会員計14名によって祭儀が催行されました。
f0136366_15465911.jpg

 修祓・祝詞奏上の後、百座を超える大祓詞を心ひとつにして奏上し、被災地の早期復興・地震活動と原発事故の収束への祈念を、1時間半に亘る祭儀の間籠め続けました。
f0136366_1547217.jpg

【佐佳枝廼社 権禰宜 尾崎篤史】
 
 

 
[PR]
by fukuishinsei | 2012-03-19 18:55 | 活動の報告 | Comments(0)