福井県神道青年会

ブログトップ

恒例の禊錬成会 “北方領土早期返還と震災復興を願って”

2月7日は「北方領土の日」です。
福井県神道青年会恒例の禊錬成会が日本海の荒波?打ち寄せる、三国サンセットビーチで行われました。
小雨が降りしきる中での禊となりましたが、道彦(木田神社・金岡宮司様)の先導のもと、吉田会長をはじめ11名の会員・有志が全身全霊を込めて「北方領土の早期返還」と「東日本大震災からの早期復興」の祈りを捧げました。
f0136366_15383541.jpg

「北方領土の日」は、北方領土問題に対する国民の関心と理解をさらに深め、北方領土返還要求運動の全国的な盛り上がりを図るために、1981年(昭和56年)に定められました。
2月7日は、1855年のこの日(旧暦では安政元年12月21日)、現在の静岡県下田市において「日魯通好条約」が調印された日であり、この条約で日本とロシアの間に通商が開かれ、平和的な話し合いによって両国の国境が択捉島とウルップ島の間と定められました。これによって、択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島の北方四島は日本の領土として確定し、これ以後、両国の国境は何度も変わりましたが、北方四島は一貫して日本の領土です。
f0136366_15445248.jpg


最後になりますが、
気合十分、「大祓詞」も一巻増しで我々を導いて下さいました、金岡宮司様。
早朝より、我々の勇姿を撮影して下さいました、参議院議員・山谷えり子先生秘書・毛利様に篤く御礼申し上げます。

※記載の写真は暫定版です。毛利様撮影の写真が届き次第、差し替えます。

[渉外広報委員会・渡辺]
[PR]
by fukuishinsei | 2012-02-07 15:57 | 活動の報告 | Comments(1)
Commented by 環境大学新聞 at 2012-02-07 16:07 x
昭和16年正月頃からラジオ放送を通て日本全土に古式道理の朗々たる葛野守様の歌詠や、桃園親王家の御子様.御誕生ノ礼式が一挙生放送されたのを御存知ですか。