ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

論語勉強会

f0136366_1058337.jpg

 7月20日(火)午後6時半より、佐佳枝廼社社務所の会議室において、講師に白山神社禰宜の平泉浤祥先生を迎え、「論語勉強会」が行われました。
 論語勉強会は初めての試みという事もあり、又、平泉先生への依頼の際、福井県の偉人・橋本左内先生が学んだ論語を……と伝えた事もありで、前半は江戸時代の藩校や寺小屋で教えられていた論語教育の講義から始まりました。声を出しての素読が広く行われていたことや、その発音や節回しの事、多様な解釈の事など、非常に興味深い話を聞くことが出来ました。
f0136366_1059095.jpg

 その後、参加者全員が平泉先生の発声にならう形式で、早速、声に出して素読しました。大人になった参加者一同、読みつつも、目にする漢字の意味を考えてしまいますが、幼い子供なら意味もなく音のみに集中できるのだろうと考えました。本来はその子供の心境が求められるのでしょうが、理屈が先行するようになった我々ではやむをえません。それでも、平泉先生の声の調子にならおうと、つかえつつ、つかえつつ、何度も何度も読んでいくと、何かそれらしい(?)声の調子も出せるようになりました。怪しくはありましたが……。
 そして、1時間15分の勉強会を終えました。実際、後半の素読では、論語の冒頭、学而編の更に頭の部分だけしか出来ませんでした。今回はほんの僅かな部分だけでしたが、多忙な日々の中で、こういう勉強会の時間を持つのも有意義だと感じさせられました。

 その後、場所を変え、勉強会とは雰囲気も変え、先日の選挙の「祝勝会・浴衣会」を行いました。ほんの数日前に明けた梅雨の後の、暑い夏の夜、昨年同様、浴衣でくつろがせていただきました。

【広報委員 松村典尚】
[PR]
by fukuishinsei | 2010-07-26 10:59 | 活動の報告 | Comments(0)