ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

メタボ解消プロジェクト第3段 「バドミントン」

平成21年11月1日(日)PM6:00より、福井市の東郷にある福井市東体育館で青年神職の日頃の運動不足やメタボ解消にむけたスポーツレクレーションを実施いたしました。
前回、前々回のバスケットボールに引き続き、今回はバトミントンを。
参加者は現役バトミントンプレイヤーの吉田副会長を始めとする7名の会員がエントリー。会場には宮田事務局長のご子息も遊びに来てくれました。
f0136366_0383323.jpg

最初の1時間はそれぞれストレッチとシングルスの変わりばんこで体をほぐしました。
思った以上にハードな運動量が要求されつつも、久しくからだを動かすことの開放感に後押しされ皆ハイテンションな立ち上がりで、それぞれのシャトルを打つ快音が体育館内に鳴り響いていました。
開始から1時間後、いよいよダブルスの総当たり戦を開始。チームは吉田・位坂の現役チーム×松田・宮田兄の事務局チーム×馬来田資・宮田弟・山本のアラクレ者チームの3チームで対決。コートにたてば皆真剣勝負、それぞれのもてる技と魂を武器にゲームをプレイ。奮闘しつつも年齢と体力低下のせいなのか、落ちていくシャトルにあと一歩が届かない・・健闘の末、軽快なフットワークと巧みなテクニックで勝る現役チームが執念で№1を飾りました。
試合後、「ブタミントンなら負けんのに・・」と面白い負け惜しみがどこからか聞こえてきましたが。

何気なく楽しかったこの時間は、私自身参加者全員のすっきりした仲間の表情に心のメタボも解消されたように感じました。
後にはより多くの会員が同じ汗を流せるように日程を整えたいと反省しておりますので、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。<(__)>

※サウナスーツを纏った宮田卓会員のジャンピングスマッシュはとても格好良かったです♪。

【福井神青 山本】
[PR]
by fukuishinsei | 2009-11-06 00:39 | 活動の報告 | Comments(0)