ブログトップ

福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい)

健全な精神は健全な肉体に宿る

6/23福井市西体育館、7/10福井市体育館で、メタボリック壊滅バスケットボール大会を開催。

神職の日頃の運動不足を解消しようと更にはメタボを壊滅することを目的として、福井県神道青年会メタボ壊滅バスケットボール大会を開催致しました。
第1回目は福井市の西体育館をお借りして、PM5:30~から開始。
参加会員数は17名、ゲームスタート15分前にエアロビクスを取り入れたウォーミングアップ(当会所属の専門のトレーナーを起用しております。)を開始、神主として明日からの神明奉仕に怪我だけは禁物ということで、参加会員一同必死にウォーミングアップ。(^^)
f0136366_14342611.jpg

ゲーム方式は、7号皮ボール使用1チーム5人の3チーム編成1ゲーム7分間第1ピリオドのみの総当たり戦を2巡に設定、ルールはNBAの基本ルール(若干ゆるめ)に則り、くじ引きにて天・地・人の3チームに振り分け、いよいよゲームスタート。
思った以上に参加メンバーの動きが良く、学校の授業依頼の会員や中学・高校の部活経験者、過去にクラブ所属の会員もおり、それに年齢と本気度がリンクして結構楽しい大会になりました。
そのなかで当会宮川会長(38)はさすが経験者。ボールを掴むとそのままドリブル速攻し庶民シュートでフィニッシュ。馬來田相談役(42)はゲーム開始から終わりまで攻守共に走りっぱなし。ゴール下を死守とパスワークは最高でした。
ちょっとビックリしたのが榊原監事(40)のスピード力、さすがサッカー経験者。
いずれにしても40歳前後とは思えないハッスルパワーでした。松田会系局長(32)と宮田次長(31)のマッスルパワーも見事でした。
他の参加会員も30代メンバーとまだまだ若く、ボール奪取のガチンコ勝負ではなかなかパワーが漲っておりました。筆者はファールがちょっとだけありました。
ゲーム終了後、杉坂副会長(39)の指導のもと、次の日の筋肉痛や疲労を最低限抑えるためのクールダウンを行い、メタボ壊滅バスケットボール大会を納めました。
f0136366_14344023.jpg
f0136366_14345389.jpg

何はともあれ、怪我もなく参加メンバー全員良い汗を流し運動不足やストレスを解消できたことに企画成功が適ったと思われます。
懇親会々場近くのサウナでリフレッシュ後、好プレー珍プレーの余韻に浸りつつ懇親の盃を交わしました。心も体も清々しく、参加メンバーの表情がスッキリしておりました。(#^.^#)

来年度は福井で開催される全国中央研修会や参議選、当会設立60周年、北陸神青協研修と行事が集中し、今年から企画や準備等で忙しくなるとことと思います。今回行ったスポーツ競技だけでなく色んな分野を取り入れて、会員のチーム力と気質の向上、偶に息抜きを計っていきたいと思っております。

【山本 祥嗣】
[PR]
by fukuishinsei | 2009-07-17 14:36 | 活動の報告 | Comments(0)