福井県神道青年会

ブログトップ

福井県神道青年会創立65周年記念事業終了奉告祭

11/17(木)福井県護国神社にて、神青創立65周年記念事業終了奉告祭を執り行いました。
平成27年4月1日より開始された記念事業は、護国神社での開始奉告祭から始まり、偉人顕彰活動、記念酒奉納事業、そして英霊顕彰活動としての靖国神社への参拝、レイテ島での慰霊祭等予定された事業を無事完遂することができました。今回も開始奉告祭の時と同様、護国神社宮川貴文禰宜のご奉仕の元、厳かに執り行われました。
f0136366_16105723.jpg

また、御神前には「大東亜戦争証言アーカイブ」事業として行われた証言記録集のDVDをお供えし、戦後70年の節目にご存命の戦友方に取材させていただいた貴重な記憶を後世に受け伝えていくことをご奉告いたしました。
f0136366_1611261.jpg

祭典終了にあたり、宮川禰宜は「今回の事業は、神青会員として今なすべきことを全力で行った非常に有意義な事業であったと思います」とお言葉を頂戴し、宮田会長は「会員一人ひとりの努力のもと、無事完遂できたことを感謝し、これからも会が益々盛り上がっていけるよう努めてまいります」と挨拶を述べました。
f0136366_1611848.jpg

この事業を通じて感じ、身に付けたことを忘れることなく、これからも全力で活動を行っていく所存をもって祭典を納めさせていただきました。
【通信員 福井県護国神社 権禰宜 伊藤太郎】
[PR]
# by fukuishinsei | 2016-11-17 17:00 | 活動の報告 | Trackback | Comments(0)

地鎮祭についての勉強会

10月30日(日)、18時半から福井市に鎮座する佐佳枝廼社において、地鎮祭についての勉強会を開催しました。勉強会には福井県神社庁長・木田神社の金岡宮司、佐佳枝廼社・福山宮司を講師に、宮田会長以下会員15名が参加しました。
地鎮祭の奉仕作法については神社本庁選定の『諸祭式要綱』(神社新報社発行)に一応の説明がなされているが、記載通りの奉仕作法で実際に地鎮祭を行うことは困難です。また、地鎮祭は「雑祭」(神社祭式として規定されている大祭・中祭・小祭以外の諸祈願。)とされていることから、神社祭式の規定がありません。よって実際のところ、その地域や神社、神職によっても奉仕は様々な形で行われているのが現状となっています。
f0136366_12332222.jpg

本勉強会では、今回参加した神職の普段行っている補設や作法、また様々な意見や疑問点について学び合い、地鎮祭についての理解を深めるとともに、これからの地鎮祭奉仕において参考となることを目的に開催しました。さらには、事前に県内の神職33名に行った地鎮祭についてのアンケート結果も、地域差(嶺北・嶺南)・神職差(先輩神職・青年神職)など詳細に区分し、資料として本勉強会の参考としました。
f0136366_12334112.jpg

地鎮祭は、古来より一般住宅や公共施設などにおいて幅広く行われてきた我が国の慣習的祭儀であり、我々神職にとって地鎮祭の祭儀・作法、その意義については習熟していなければならないことであります。この勉強会で学んだことを参考に、これからの地鎮祭の奉仕に生かしていきたいと思います。

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】
[PR]
# by fukuishinsei | 2016-11-11 12:39 | Trackback | Comments(0)

拉致問題早期解決にむけた署名活動

10月22・23日(土・日)、福井県越前市で開催されている、たけふ菊人形まつりの会場において、北朝鮮による拉致問題の早期解決に向けた拉致被害者救出署名活動を行いました。
22日は足羽神社の馬来田宮司、渡辺理事、西尾理事、山本事務局長が、23日は福井県護国神社の宮川禰宜、西尾理事、山本事務局長が参加しました。
f0136366_12303936.jpg

今から14年前、馬来田善敬先輩の会長期に当会が単独で拉致問題早期解決にむけた署名活動を拉致被害者の地村さんのご家族とともに行ったことに始まり、今では多くの各支援団体の協力のもと、拉致・特定失踪者問題の早期全面解決署名活動が継続して行われています。また、今回はシンガーソングライター・山口采希さんによる北朝鮮拉致被害者全員救出を願ったオリジナルソング「空と海の向こう」のライブも行われました。
f0136366_12305197.jpg

今回、1,600名近くの方に御署名をいただいております。一刻も早い拉致被害者の救出、特定失踪者問題の早期解決をお祈りいたします。

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】
[PR]
# by fukuishinsei | 2016-10-27 12:32 | Trackback | Comments(0)

福井赤十字病院雅楽演奏会

10月20日(木)、13時半より福井市月見の福井赤十字病院の一階エントランスにおいて、雅楽の演奏会を行いました。当会からは雅楽部の吉田部長・桑原副会長・新田副会長の他4名(松田・西尾・山本・角鹿)が参加しました。
f0136366_9332295.jpg

今回演奏を行った曲目は「音取」「五常楽急」「越天楽」「ふるさと」の4曲を演奏し、途中には、吉田部長による楽器説明があり、演奏に使用した「鞨鼓」「篳篥」「太鼓」「鉦鼓」「笙」「龍笛」の紹介をしました。
f0136366_93399.jpg

また、本日は日本赤十字社の名誉総裁であられる皇后陛下の御誕生日であり、奉祝と皇室の弥栄、国家の隆昌の意味を込めての演奏会となりました。戦前において皇后誕生日は「地久節」と言い、国民の祝日となっていました。
f0136366_9325381.jpg

普段目にすることが少ない雅楽の演奏会では、入院されている方や通院されている方、また、病院職員の方など70名近くの方々にご参集いただき、皆、厳かにして美しい雅楽の音色に聞き入っていました。最後には、「ふるさと」の雅楽演奏とともに、ご参集の皆様で合唱しました。30分ほどの短い演奏会ではありましたが、大勢の方々にご参集いただくとともに、温かい拍手を受けることができました。。
今回の演奏会によって、入院されている方や通院されている方への元気づけとなるとともに、一日も早く病気や怪我などの平癒及び健康と長寿をお祈り申し上げます。
f0136366_9333232.jpg

【通信員 氣比神社 禰宜 角鹿尚文】
[PR]
# by fukuishinsei | 2016-10-22 09:36 | Trackback | Comments(0)

平成28年度交通安全祈願祭

9月13日(火)14:00より、「道の駅うみんぴあ大飯」にて交通安全祈願祭を斎行いたしました。
f0136366_14255949.jpg

今年で45回目を迎える伝統ある行事であります。今年は嶺南で斎行されたこともあり敦賀、小浜、大飯、高浜からも大勢の神青会員に御助勢頂きました。
f0136366_14292964.jpg

雨の心配がありましたが、時折小雨が降る程度の天気となり、小浜警察署また交通安全協会の方々にもご参列頂きまして厳粛に執り行われました。
f0136366_14272617.jpg

祭典終了後、「道の駅うみんぴあ大飯」様のご協力で、観光客のお車一台一台をお祓いさせて頂きました。お帰りの際には、交通安全のお守りと・交通安全啓発グッズをお渡ししました。
f0136366_14275539.jpg
f0136366_1428830.jpg

昨今の日本は、車社会でございます。車の性能は日進月歩ですが、車に乗る我々の安全に対する意識向上がなければ痛ましい事故につながる可能性があります。一人一人の安全意識の向上に努めるべく啓発を行っていきたいと思います。
f0136366_14283493.jpg


【通信員 神明神社 権禰宜 武曽洋暁】
[PR]
# by fukuishinsei | 2016-09-15 14:30 | 活動の報告 | Trackback | Comments(0)